お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-10 09:55
拡散型フロー制御における公平なフロー間帯域割当法の提案
刈谷博和岩崎 和首都大東京)・高野知佐広島市大)・会田雅樹首都大東京IN2009-31
抄録 (和) 我々はこれまで高速ネットワークにおける厳しい制御遅延要求を満足する制御として「拡散型フロー制御 (DFC)」を提案してきた.この方式は,各ノードが自身の知りうる局所情報のみに基づいて自律動作するにも関わらず,パケット密度をネットワーク全体に拡散させ,パケットロスによるスループットの低下を回避することができる.
複数フローが混在する環境で適切な制御動作を実現するためには,フロー間帯域の配分法に対する考察が必要であるが,これまでのDFCに対する研究では,複数フローがON/OFFを繰り返すような条件でのフロー間帯域の配分法に対する考察は十分でなかった.
本報告では,拡散型フロー制御における帯域配分法を変更することにより,フロー間における帯域の公平性が向上し,動的な環境でも適切な帯域配分が維持されることを確認した. 
(英) We have proposed ``diffusion-type flow control (DFC)'' as a control mechanism that satisfies a severe control delay demand in the high-speed network. In DFC, each node autonomously manages its local traffic flow by using only the local information directly available to it. However, local decision making of individual node mutually cooperates and consequently the network can avoid congestion. To achieve the above mechanism for multiple flow environment, it is necessary to design the bandwidth assignment among flows. However, the bandwidth assignment for dynamic and complex situations have not be sufficiently considered. In this report, we consider the bandwidth assignment in diffusion-type flow control for multiple flow environment. As a result, we improve the fairness of the bandwidth among flows, and verify an appropriate bandwidth assignment for a dynamic environment by simulation study.
キーワード (和) 自律分散制御 / 拡散方程式 / トラヒック制御 / / / / /  
(英) autonomous decentralized control / diffusion equation / traffic control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 119, IN2009-31, pp. 37-42, 2009年7月.
資料番号 IN2009-31 
発行日 2009-07-02 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2009-31

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2009-07-09 - 2009-07-10 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) HOKKAIDO UNIVERSITY 
テーマ(和) 自律分散ネットワーク,グリッドコンピューティング,VPN,DDoS,ネットワークセキュリティ,PAN,センサーネットワークおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-07-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡散型フロー制御における公平なフロー間帯域割当法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Fair Bandwidth Allocation in Diffusion-type Flow Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自律分散制御 / autonomous decentralized control  
キーワード(2)(和/英) 拡散方程式 / diffusion equation  
キーワード(3)(和/英) トラヒック制御 / traffic control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 刈谷 博和 / Hirokazu Kariya / カリヤ ヒロカズ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 和 / Wataru Iwasaki / イワサキ ワタル
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 知佐 / Chisa Takano / タカノ チサ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 雅樹 / Masaki Aida / アイダ マサキ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-10 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2009-31 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会