電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-09 13:30
加速度センサによる振動通信の長距離化および高速化の検討
竹村友貴芝浦工大)・上岡英史芝浦工大/NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 振動通信は固体振動(バイブレーション)の伝搬を用いた近接データ通信であるが,従来のフォトセンサを受信モジュールとして用いた方式では,微小な高低で得られるデータが異なるため通信環境が限られていた.3軸加速度センサを用いる本方式では,受信モジュールを直接接触させるだけで通信環境が整い,将来的に携帯電話に置き換えて考えることも可能となった.本稿では,3軸加速度センサを用いることによる振動通信の長距離化,および高速化の可能性について報告する. 
(英) The vibration-based data communication is a new type of near-field data communication method using the propagation of vibration in a data-transmission medium. In the previous work, we introduced a reflective photo-sensor to detect the vibration of the medium. It worked well for detecting the vibration signals and decoding the electric digital data, however, the communication environment was strictly limited in terms of the communication distance and the data transmission rate. To overcome the difficulties, we newly introduce a 3-axis acceleration sensor as a vibration detector instead of the reflective photo-sensor. Furthermore, since this detector and the demodulator could be implemented on a mobile phone, we believe that this communication system will be useful to create a new type of communication style in ubiquitous environments. In this paper, the principle of the variation-based communication with an acceleration sensor, method of the demodulation and improvement of the performance will be discussed.
キーワード (和) 振動通信 / 近接通信 / 二次元通信 / 三軸加速度 / BodyArea Network / / /  
(英) Vibratory communication / Near field communication / Two-dimensional communication / 3-axis acceleration sensor / Body Area Network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, 2009年7月.
資料番号  
発行日 2009-07-02 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MoNA IPSJ-AVM  
開催期間 2009-07-09 - 2009-07-10 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru City Hall 
テーマ(和) ワイヤレス環境でのアプリケーション品質,P2P/アドホックネットワーク,画像符号化,ストリーム技術,信頼性,一般 
テーマ(英) Application quality in wireless environments, P2P/Ad-hoc networks, Video CODECs, Streaming technology, Reliability, General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2009-07-CQ-MoMuC-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 加速度センサによる振動通信の長距離化および高速化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Vibration-based Data Communications with Acceleration Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 振動通信 / Vibratory communication  
キーワード(2)(和/英) 近接通信 / Near field communication  
キーワード(3)(和/英) 二次元通信 / Two-dimensional communication  
キーワード(4)(和/英) 三軸加速度 / 3-axis acceleration sensor  
キーワード(5)(和/英) BodyArea Network / Body Area Network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 友貴 / Tomoki Takemura / タケムラ トモキ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上岡 英史 / Eiji Kamioka / カミオカ エイジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大/NII)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech./NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-09 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2009-17 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.122 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2009-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会