電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-02 13:30
プリント基板のための45度線による混雑度緩和を利用した配線手法
篠田享佑東工大)・小平行秀会津大)・高橋篤司阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,プリント基板の高密度化,大規模化にともない,プリント基板自動配線ツールの高性能化が求められている.配線に水平垂直線分のみの用いる場合には,高品質な概略配線を高速に出力する配線ツールは存在するが,高密度配線では任意角度の線分が求められるため,設計者は必ずしもそれら配線ツールに満足していない.そこで我々は,配線混雑度を緩和するために45度線を局所的に用いることで,水平垂直線分を用いる配線ツールの利点を生かしつつ,より高密度な配線に対応する配線手法を提案する. 
(英) In recent Printed Circuit Boards (PCB), the design size and density are increased, and the improvement of routing tools for PCB is required. Although there are several routing tools that generate high quality global
routings when only horizontal and vertical segments are used, PCB designers are not satisfied with them since high density PCBs require segments that have arbitrary directions. In this paper, we propose a routing method that
keeps the advantages of tools using horizontal and vertical segments only, and that handles higher density design by using 45 degree segments locally to relax routing density.
キーワード (和) プリント基板 / 平面配線 / 配線混雑度 / 45度線 / / / /  
(英) printed circuit board / plane routing / routing congestion / 45 degree line / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 111, VLD2009-23, pp. 97-102, 2009年7月.
資料番号 VLD2009-23 
発行日 2009-06-24 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS VLD  
開催期間 2009-07-01 - 2009-07-02 
開催地(和) 釧路市生涯学習センター 
開催地(英) Kushiko-shi Shogai Gakushu Center 
テーマ(和) 信号処理,LSIおよび一般 
テーマ(英) Signal processing, LSI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2009-07-SIP-CAS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プリント基板のための45度線による混雑度緩和を利用した配線手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Octilinear Routing Method with Congestion Relaxation by Slant Lines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プリント基板 / printed circuit board  
キーワード(2)(和/英) 平面配線 / plane routing  
キーワード(3)(和/英) 配線混雑度 / routing congestion  
キーワード(4)(和/英) 45度線 / 45 degree line  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 享佑 / Kyosuke Shinoda / シノダ キョウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小平 行秀 / Yukihide Kohira / コヒラ ユキヒデ
第2著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
The University of Aizu (略称: UoA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 篤司 / Atsushi Takahashi / タカハシ アツシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-02 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-CAS2009-18,IEICE-VLD2009-23,IEICE-SIP2009-35 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.110(CAS), no.111(VLD), no.112(SIP) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-06-24,IEICE-VLD-2009-06-24,IEICE-SIP-2009-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会