電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-02 13:10
Stable-LSE法を用いた3次元配置手法
鍬農雅友船津直登高島康裕北九州市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,3 次元LSI における配置手法として,総配線長と総重なり体積の最小化を目的としたStable-LSE法に基づく解析的配置手法を提案する.提案手法では,層割り当てを連続問題に緩和し,重なり体積をペナルティ項として目的関数に加えた問題に対し,解を求める.Stable-LSE 法に利用により,既存手法では考慮できなかった範囲まで解探索が可能となる. そして,この提案手法を計算機上に実装し, 良好な配置が得られることを確認した. 
(英) We propose a 3D analytical placement based on Stable-LSE in order to minimize the total wire-length and the overlap volumes. In the method, we relax the layer assignment into the continuous problem and formalize the overlap constraints into the penalty terms in the object function. The utilization of Stable-LSE leads to widen the solution space in which the previous methods could not consider. We implement the proposed method and confirm that the better placements are obtained.
キーワード (和) 3次元LSI / 解析的配置 / Stable-LSE / 総配線長最小化 / 重なり体積最小化 / / /  
(英) 3D LSI / analytical placement / Stable-LSE / total wire-length minimization / overlap volume minimization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 111, VLD2009-22, pp. 91-96, 2009年7月.
資料番号 VLD2009-22 
発行日 2009-06-24 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS VLD  
開催期間 2009-07-01 - 2009-07-02 
開催地(和) 釧路市生涯学習センター 
開催地(英) Kushiko-shi Shogai Gakushu Center 
テーマ(和) 信号処理,LSIおよび一般 
テーマ(英) Signal processing, LSI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2009-07-SIP-CAS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Stable-LSE法を用いた3次元配置手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3D Placement Based on Stable-LSE 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元LSI / 3D LSI  
キーワード(2)(和/英) 解析的配置 / analytical placement  
キーワード(3)(和/英) Stable-LSE / Stable-LSE  
キーワード(4)(和/英) 総配線長最小化 / total wire-length minimization  
キーワード(5)(和/英) 重なり体積最小化 / overlap volume minimization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍬農 雅友 / Masatomo Kuwano / クワノウ マサトモ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 船津 直登 / Naoto Funatsu / フナツ ナオト
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高島 康裕 / Yasuhiro Takashima / タカシマ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-02 13:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-CAS2009-17,IEICE-VLD2009-22,IEICE-SIP2009-34 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.110(CAS), no.111(VLD), no.112(SIP) 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-06-24,IEICE-VLD-2009-06-24,IEICE-SIP-2009-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会