電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-02 09:20
クリロフ部分空間に基づくフィルタリング方式のための自然なランク決定基準に関する一検討
湯川正裕理研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、(多段ウィナーフィルタに代表される)クリロフ部分空間に基づくフィルタリング法のための、新しいランク(部分空間の次元)決定基準を提案する。まず、最適フィルタが部分空間に含まれるための、異なる2つの必要十分条件を明らかにしている。1つ目の条件は、部分空間がそれ自身を規定する自己相関行列による変換の下で不変であることであり、2つ目の条件はその逆の包含関係に対応する。これらの条件に基づいて2つの決定基準を導出している。1つ目の条件から導かれる基準は従来基準と一致するものであり、2つ目の条件から導かれるものが提案基準である。シミュレーション結果から、従来基準を用いた場合、閾値の増加に対してランクが階段状に減少するのに対して、提案基準を用いた場合には滑らかに減少するという性質が観測されている。このことは、提案基準を用いることによる、より適切なランク決定の可能性を示唆しており、フィルタリング性能の改善が期待される。 
(英) We propose a novel rank-selection criterion for the Krylov-subspace-based filtering techniques such as the well-known multistage Wiener filter.
We provide two necessary and sufficient conditions for the low-dimensional Krylov subspace to contain the optimal filter. The first is that the subspace is {\it invariant} under the transformation by the autocorrelation matrix associated with the subspace itself, and the second is its reverse inclusion. We derive two criteria based on the conditions; the criterion based on the first condition coincides with the
conventional, and the one based on the second is the proposed. Simulation results indicate that the proposed criterion has more natural relations, compared with the conventional one, between (i) the threshold for each of the proposed and conventional criteria and (ii) the selected rank averaged over 300 experiments. Specifically, the curves for the proposed criterion decrease monotonically in a smooth-slope shape, whereas those for the conventional one decrease monotonically in a terrace shape.
This suggests that the use of the proposed criterion should lead to adequate rank-selection, therefore it is expected to improve the filtering performance.
キーワード (和) クリロフ部分空間 / ランク決定基準 / 低ランクフィルタ / / / / /  
(英) Krylov subspace / rank selection / reduced-rank filtering / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 112, SIP2009-39, pp. 117-120, 2009年7月.
資料番号 SIP2009-39 
発行日 2009-06-24 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS VLD  
開催期間 2009-07-01 - 2009-07-02 
開催地(和) 釧路市生涯学習センター 
開催地(英) Kushiko-shi Shogai Gakushu Center 
テーマ(和) 信号処理,LSIおよび一般 
テーマ(英) Signal processing, LSI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2009-07-SIP-CAS-VLD 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) クリロフ部分空間に基づくフィルタリング方式のための自然なランク決定基準に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Natural Rank-selection Criterion for Krylov-subspace-based Filtering Techniques 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クリロフ部分空間 / Krylov subspace  
キーワード(2)(和/英) ランク決定基準 / rank selection  
キーワード(3)(和/英) 低ランクフィルタ / reduced-rank filtering  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯川 正裕 / Masahiro Yukawa / ユカワ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) (独)理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN (略称: RIKEN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-02 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2009-22,IEICE-VLD2009-27,IEICE-SIP2009-39 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.110(CAS), no.111(VLD), no.112(SIP) 
ページ範囲 pp.117-120 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2009-06-24,IEICE-VLD-2009-06-24,IEICE-SIP-2009-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会