電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-02 13:25
2系列ナップザック暗号と1系列ナップザック暗号の低密度攻撃に対する耐性の差について(その2)
名迫 健村上恭通阪電通大)・笠原正雄阪学院大
抄録 (和) 筆者らは MH 暗号をもとに,超増加性を有する秘密鍵を乱数系列により 2 系列に分割し,それぞれにモジュラ変換を施すことにより 2 系列の公開鍵を得る 2 系列ナップザック公開鍵暗号を提案していた.また,筆者らは 2 系列ナップザック暗号において新たにいくつかの秘密鍵の構成法を提案するとともに,モジュラ変換の代わりに中国人の剰余定理を用いることにより 1 系列の公開鍵を得る新たなナップザック公開鍵暗号を提案している.本稿では,まず,超増加性トラップドアおよび偶奇性トラップドアを用いた 4 種の秘密鍵の構成法を紹介し,次に,2 系列ナップザック暗号と 1 系列ナップザック暗号を構成法について述べる.さらに,それぞれの方式に対して低密度攻撃を行い,2 系列ナップザック暗号と 1 系列ナップザック暗号の低密度攻撃に対する耐性の差の評価を行う. 
(英) Recently present authors proposed a double-sequence knapsack public key cryptosystem on the basis of MH PKC. We also proposed a new secret key construction of the double-sequence knapsack PKC and the single-sequence knapsack public key cryptosystem Using Chinese remainder theorem on the basis of a double-sequence knapsack PKC. In this paper, first, we shall explain the four types secret key constructions which use super-increasing sequence or shifted-odd sequence as the trapdoor. Next, we shall explain the double-sequence knapsack PKC and the single-sequence knapsack PKC which proposed by authors. We discuss on the security gap between the double-sequence knapsack PKC and the single-sequence knapsack PKC against the low-density attack with computer experiments.
キーワード (和) 公開鍵暗号 / ナップザック型公開鍵暗号 / 超増加性 / 偶奇性 / 低密度攻撃 / 計算機実験 / /  
(英) public-key cryptosystem / knapsack type cryptosystem / super-increasing sequences / shifted-odd sequences / low-density attack / computer experiment / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 113, ISEC2009-16, pp. 7-13, 2009年7月.
資料番号 ISEC2009-16 
発行日 2009-06-25 (ISEC, SITE, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC IPSJ-CSEC SITE ICSS  
開催期間 2009-07-02 - 2009-07-03 
開催地(和) 秋田大学 
開催地(英) Akita University 
テーマ(和) セキュリティ関係,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2009-07-ISEC-CSEC-SITE-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2系列ナップザック暗号と1系列ナップザック暗号の低密度攻撃に対する耐性の差について(その2) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Security Gap between Double-Sequence Knapsack PKC and Single-Sequence Knapsack PKC against Low-Density Attack (Part2) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 公開鍵暗号 / public-key cryptosystem  
キーワード(2)(和/英) ナップザック型公開鍵暗号 / knapsack type cryptosystem  
キーワード(3)(和/英) 超増加性 / super-increasing sequences  
キーワード(4)(和/英) 偶奇性 / shifted-odd sequences  
キーワード(5)(和/英) 低密度攻撃 / low-density attack  
キーワード(6)(和/英) 計算機実験 / computer experiment  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 名迫 健 / Takeshi Nasako / ナサコ タケシ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 恭通 / Yasuyuki Murakami / ムラカミ ヤスユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 正雄 / Masao Kasahara /
第3著者 所属(和/英) 大阪学院大学 (略称: 阪学院大)
Osaka Gakuin University (略称: OGU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-02 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2009-16,IEICE-SITE2009-8,IEICE-ICSS2009-30 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.113(ISEC), no.114(SITE), no.115(ICSS) 
ページ範囲 pp.7-13 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ISEC-2009-06-25,IEICE-SITE-2009-06-25,IEICE-ICSS-2009-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会