電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-01 16:20
複数移動音源追尾のための初期値設定手法の一検討
大和田 昇陶山健仁東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,マイクロホンアレーを用いた複数移動音源追尾手法の高速化について検討する.移動音源追尾手法は,PASTとIPLSの2つの逐次更新アルゴリズムに基づく手法である.本手法では,音源が複数存在する場合,無音区間を経て,再び発話区間に戻る場合,IPLSの初期値を再設定する必要がある.従来法では,MUSICスペクトルの粗いピークサーチによって,これを実現していたが,精度向上のためには,高演算量を要するという問題があった.本研究では,音声のスパース性に注目し,2個のマイクロホンの位相差から求めた音源方向のパワー重み付けヒストグラムを利用して,初期値を再設定する手法について検討する.本手法は,MUSICスペクトルと比べて高速動作が可能である.実環境実験により,提案法が残響のある環境においても有効であることを示す. 
(英) In this paper, we study a method for a fast tracking of two talkers using
a microphone array based on the successive algorithms: the PAST and IPLS algorithms.In a situation many sound sources exist simultaneously,
appropriate initial values for the IPLS algorithm are required after the silent speech section. For this requirement, the rough peak search method of MUSIC spectrum was proposed to set the suitable initial value of the IPLS. However, this method needed a high computational cost to obtain the accuracy initial value. To solve this drawback, we propose a new initial value setting method based on sparseness of speech signals, in which a weighted histogram of sound source localization is estimated by the instantaneous phase difference. This method is able to track sound soures faster than the previous method. Several experimental results in actual room environment are shown to demonstrate the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) マイクロホンアレー / 移動音源追尾 / 信号部分空間 / ヒストグラム / / / /  
(英) microphone array / moving sound source tracking / signal subspace / histogram / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 112, SIP2009-26, pp. 43-48, 2009年7月.
資料番号 SIP2009-26 
発行日 2009-06-24 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS VLD  
開催期間 2009-07-01 - 2009-07-02 
開催地(和) 釧路市生涯学習センター 
開催地(英) Kushiko-shi Shogai Gakushu Center 
テーマ(和) 信号処理,LSIおよび一般 
テーマ(英) Signal processing, LSI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2009-07-SIP-CAS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数移動音源追尾のための初期値設定手法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Initial Value Setting Method for Multiple Sound Sources Tracking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロホンアレー / microphone array  
キーワード(2)(和/英) 移動音源追尾 / moving sound source tracking  
キーワード(3)(和/英) 信号部分空間 / signal subspace  
キーワード(4)(和/英) ヒストグラム / histogram  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 昇 / Noboru Oowada / オオワダ ノボル
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 健仁 / Kenji Suyama / スヤマ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-01 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2009-9,IEICE-VLD2009-14,IEICE-SIP2009-26 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.110(CAS), no.111(VLD), no.112(SIP) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-06-24,IEICE-VLD-2009-06-24,IEICE-SIP-2009-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会