電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-01 17:10
[チュートリアル講演]Compressed Sensing ~ 基本原理と最新研究動向 ~
平林 晃山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Compressed sensing とは compressive sampling とも呼ばれ,観測対象信号に対するスパース性もしくは圧縮可能性の仮定のもとで,その信号に対する観測データをできる限り少なくし,その少数のデータだけから観測信号を復元するための技術である.基本的には観測過程および復元手法を共に設計する立場で議論できるが,復元手法に重点をおいて議論されることが多い.その最もよく知られた手法が $l_1$ ノルム最小化原理であり,この原理が有効に機能するための観測過程に対する条件が示されている.Compressed sensing は数年前から大変注目されるようになっているが,その理由はこの問題が理論的な興味深さを含んでいるからだけではなく,種々の応用問題への展開可能性を秘めているからであると考える.本稿では,compressed sensing の基本原理を解説した後に,本分野における最新研究動向を,具体例を示しながら分かり易く解説する。 
(英) Compressed sensing stands for a technique which reduces a number of observation data of a target signal as few as possible and reconstructs the signal from those few data under an assumption that the target signal is sparse or compressible. Even though both of the observation process and the reconstruction method are subject to be designed, the latter is frequently fixed in many studies. The most popular reconstruction method is the $l_1$-norm minimization, and several conditions under which the minimization principle works correctly have been provided. Compressed sensing has been attracting much attention for these several years. This is not only because compressed sensing is theoretically interesting, but also a wide range of application areas expands behind compressed sensing. This tutorial gives explanations of the basic idea of the compressed sensing and several state-of-the-art results in the field with concrete examples.
キーワード (和) スパース信号 / 圧縮可能性 / l_1 ノルム最小化 / 零空間特性 / 制限付等長性 / / /  
(英) Sparse signals / compressibility / l_1-norm minimization / null space property / restricted isometry property / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 112, SIP2009-28, pp. 55-60, 2009年7月.
資料番号 SIP2009-28 
発行日 2009-06-24 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS VLD  
開催期間 2009-07-01 - 2009-07-02 
開催地(和) 釧路市生涯学習センター 
開催地(英) Kushiko-shi Shogai Gakushu Center 
テーマ(和) 信号処理,LSIおよび一般 
テーマ(英) Signal processing, LSI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2009-07-SIP-CAS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Compressed Sensing 
サブタイトル(和) 基本原理と最新研究動向 
タイトル(英) Compressed Sensing 
サブタイトル(英) Basic Principle and State-of-the-Art Results 
キーワード(1)(和/英) スパース信号 / Sparse signals  
キーワード(2)(和/英) 圧縮可能性 / compressibility  
キーワード(3)(和/英) l_1 ノルム最小化 / l_1-norm minimization  
キーワード(4)(和/英) 零空間特性 / null space property  
キーワード(5)(和/英) 制限付等長性 / restricted isometry property  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平林 晃 / Akira Hirabayashi / ヒラバヤシ アキラ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-01 17:10:00 
発表時間 50 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2009-11,IEICE-VLD2009-16,IEICE-SIP2009-28 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.110(CAS), no.111(VLD), no.112(SIP) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-06-24,IEICE-VLD-2009-06-24,IEICE-SIP-2009-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会