電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-01 14:50
制御タイミングのばらつきを考慮した資源共有とスケジュール手法
井上恵介金子峰雄岩垣 剛北陸先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,制御タイミング(マルチプレクサの切り替えタイミングとレジスタへの書き込みタイミング)のばらつきに耐性を有するデータパス合成について議論している.特に順序クロッキングとマージンを用いてタイミング保証する手法を提案し,そのための資源共有条件を明らかにしている.この設計を用いることにより,以降の設計において,レジスタ間データパス信号遅延の最適化に特化した設計を行うことが可能となる.提案する設計に基づいたレイテンシ最小化スケジューリング問題に対し,二つの解法を提案し計算機実験によりその有効性を評価している. 
(英) This paper discusses an overall framework of a RTL datapath which has robustness against the variability of control timings: switching timings of MUXs and write timings at registers. The satisfaction of each timing constraint in a resultant datapath is partly ensured by the ordered clocking and partly ensured by a timing margin. A novel resource sharing condition based on this framework is also derived. As a result, in the following design stages, designers can concentrate only on register-to-register path delay to optimize circuit performance. The latency minimization problem based on the proposed design is formulated. For this problem, this paper presents two algorithms and evaluates them by computational experiments.
キーワード (和) データパス合成 / 遅延ばらつき / 順序クロッキング / 制御信号スケジュール / 資源割り当て / / /  
(英) datapath synthesis / delay variability / ordered clocking / control schedule / resource assignment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 110, CAS2009-5, pp. 25-30, 2009年7月.
資料番号 CAS2009-5 
発行日 2009-06-24 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS VLD  
開催期間 2009-07-01 - 2009-07-02 
開催地(和) 釧路市生涯学習センター 
開催地(英) Kushiko-shi Shogai Gakushu Center 
テーマ(和) 信号処理,LSIおよび一般 
テーマ(英) Signal processing, LSI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2009-07-SIP-CAS-VLD 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 制御タイミングのばらつきを考慮した資源共有とスケジュール手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Resource Sharing and Scheduling Algorithms against Variation of Control Timings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データパス合成 / datapath synthesis  
キーワード(2)(和/英) 遅延ばらつき / delay variability  
キーワード(3)(和/英) 順序クロッキング / ordered clocking  
キーワード(4)(和/英) 制御信号スケジュール / control schedule  
キーワード(5)(和/英) 資源割り当て / resource assignment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 恵介 / Keisuke Inoue / イノウエ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 峰雄 / Mineo Kaneko / カネコ ミネオ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩垣 剛 / Tsuyoshi Iwagaki / イワガキ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-01 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2009-5,IEICE-VLD2009-10,IEICE-SIP2009-22 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.110(CAS), no.111(VLD), no.112(SIP) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-06-24,IEICE-VLD-2009-06-24,IEICE-SIP-2009-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会