電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-07-01 15:10
線形再帰方程式に基づく非線形フィードバックシフトレジスタの最大周期系列設計
吉岡大三郎崇城大)・常田明夫熊本大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では, 非線形フィードバックシフトレジスタから得られる最大周期系列であるドブルイン系列の設計法を提案する. 提案手法はフィードバック関数に簡単な線形方程式を用い, 得られる複数の短い周期系列を置換の演算により結合し, 素数$p$値ドブルイン系列および$p^2$値ドブルイン系列生成を可能にする. また提案手法で得られる系列総数についても明らかにする. 
(英) In this correspondence, a method of obtaining maximum length period sequences obtained from nonlinear feedback shift registers (NFSR), which is known as De Bruijn sequences, is proposed. The proposed method produces $r$-ary De Bruijn sequences by means of combining several short sequences generated from $p$-value shift registers and linear feedback functions, where $r$ is an integer greater than or equal to two and $p$ is a prime number. The number of obtainable De Bruijn sequences by using the proposed method is also obtained.
キーワード (和) 非線形フィードバックシフトレジスタ / ドブルイン系列 / 最大周期系列 / / / / /  
(英) nonlinear feedback shift register / De Bruijn sequences / maximum length / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 110, CAS2009-6, pp. 31-34, 2009年7月.
資料番号 CAS2009-6 
発行日 2009-06-24 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS VLD  
開催期間 2009-07-01 - 2009-07-02 
開催地(和) 釧路市生涯学習センター 
開催地(英) Kushiko-shi Shogai Gakushu Center 
テーマ(和) 信号処理,LSIおよび一般 
テーマ(英) Signal processing, LSI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2009-07-SIP-CAS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形再帰方程式に基づく非線形フィードバックシフトレジスタの最大周期系列設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of maximum length sequences obtained by nonlinear feedback shift registers with linear recurrence equation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形フィードバックシフトレジスタ / nonlinear feedback shift register  
キーワード(2)(和/英) ドブルイン系列 / De Bruijn sequences  
キーワード(3)(和/英) 最大周期系列 / maximum length  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 大三郎 / Daisaburo Yoshioka / ヨシオカ ダイサブロウ
第1著者 所属(和/英) 崇城大学 (略称: 崇城大)
Sojo University (略称: Sojo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 常田 明夫 / Akio Tsuneda / ツネダ アキオ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-07-01 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2009-6,IEICE-VLD2009-11,IEICE-SIP2009-23 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.110(CAS), no.111(VLD), no.112(SIP) 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2009-06-24,IEICE-VLD-2009-06-24,IEICE-SIP-2009-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会