電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-25 14:00
Fluctuation Strengthを用いたマンドリントレモロ音に対する熟達度評価
安井希子寄能雅文三浦雅展龍谷大EA2009-20
抄録 (和) マンドリン演奏におけるトレモロ音は減衰音の繰り返しによって得られる持続音であり,その音響信号の振幅は時間的に変動することから,「持続的変動音」であると言える.それゆえ,トレモロ音は聴取者に変動感を与える楽器音の一つであると言え,その変動感はトレモロ音に対する熟達度評価に何らかの影響を与えていると考えられる.本研究では,トレモロ音の変動感を変動強度で評価し,それが熟達度評価に与える影響を調査している.具体的には,演奏音および合成した模擬音を用いて,変動感を生じさせる要因と熟達度評価の関係を調査している.調査の結果,熟達したトレモロ音は変動強度が比較的小さい領域で演奏されていることが確認されている. 
(英) The tremolo played on the mandolin is said to be a continuous sound produced by repetition of attenuating sounds. The amount of acoustic amplitude of tremolo is usually fluctuated in terms of time. Therefore, tremolo is assumed to give us the feeling of fluctuation, which is thought to be concerned with subjective evaluation for performance proficiency. Introduced here is an evaluation method strongly dependent on the “Fluctuation Strength (FS)”, which represents hearing sensations from fluctuations of sounds. In this study, the feeling of fluctuation is described by FS, and an influence of FS on subjective evaluation for tremolo is investigated by evaluation experiments. It is confirmed that skilled tremolo is best performed under the region of lower level of FS.
キーワード (和) マンドリン / トレモロ / 変動感 / Fluctuation Strength / 熟達度評価 / / /  
(英) Mandolin / Tremolo / Feeling of fluctuation / Fluctuation Strength / Subjective evaluation of performance proficiency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 100, EA2009-20, pp. 13-18, 2009年6月.
資料番号 EA2009-20 
発行日 2009-06-18 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2009-20

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2009-06-25 - 2009-06-26 
開催地(和) 北海道医療大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(応用/電気音響・音楽音響・聴覚) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2009-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Fluctuation Strengthを用いたマンドリントレモロ音に対する熟達度評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Subjective evaluations of proficiency for tremolo played on the mandolin using Fluctuation Strength 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マンドリン / Mandolin  
キーワード(2)(和/英) トレモロ / Tremolo  
キーワード(3)(和/英) 変動感 / Feeling of fluctuation  
キーワード(4)(和/英) Fluctuation Strength / Fluctuation Strength  
キーワード(5)(和/英) 熟達度評価 / Subjective evaluation of performance proficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安井 希子 / Nozomiko Yasui / ヤスイ ノゾミコ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学大学院 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University Graduate School (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 寄能 雅文 / Masafumi Kinou / キノウ マサフミ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 雅展 / Masanobu Miura / ミウラ マサノブ
第3著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-06-25 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2009-20 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.100 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2009-06-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会