お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-19 09:20
QoSルーティングプロトコルにおけるクランクバックを不要とする広告メッセージ削減手法
藤川賢治NICT)・太田昌孝NICT/東工大IA2009-11 ICSS2009-19
抄録 (和) 本稿では階層化QoSルーティングプロトコル HQLIP
における広告メッセージ削減手法を説明し評価を行う。
HQLIP では「より悪い情報」か「同じかより良い情報」によって広告間隔を変化させることで、
過大広告を禁止しつつ広告頻度を低く一定に保つ。
HQLIP の広告手法によりシグナリング開始後の失敗を排除する広告量削減が可能となり、
クランクバックが不要となる。 
(英) In this paper,
we explain a reduction method of advertising messages
on hierarchical QoS routing protocol HQLIP
and evaluate the method.
In HQLIP,
advertising intervals vary
according to whether ``worse information'' or ``equal-or-better information.''
This method prohibits overestimated advertisements
and keeps the advertisement frequency constant and low.
The advertisement method of HQLIP enables
reduction of advertised messages with excluding fails after signaling
and crankbacks.
キーワード (和) 階層化 / QoSルーティング / HQLIP / 広告メッセージ削減 / クランクバック不要 / より悪い情報 / 同じかより良い情報 /  
(英) hierarchicalization / QoS Routing / HQLIP / reduction of advertising messages / excluding crankbacks / worse information / equal-or-better information /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 85, IA2009-11, pp. 57-62, 2009年6月.
資料番号 IA2009-11 
発行日 2009-06-11 (IA, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2009-11 ICSS2009-19

研究会情報
研究会 IA ICSS  
開催期間 2009-06-18 - 2009-06-19 
開催地(和) 機械振興会館 65号室(6階) 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) インターネットセキュリティ、一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2009-06-IA-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QoSルーティングプロトコルにおけるクランクバックを不要とする広告メッセージ削減手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Reduction Method of Advertising Messages on QoS Routing Protocols for Excluding Crankbacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 階層化 / hierarchicalization  
キーワード(2)(和/英) QoSルーティング / QoS Routing  
キーワード(3)(和/英) HQLIP / HQLIP  
キーワード(4)(和/英) 広告メッセージ削減 / reduction of advertising messages  
キーワード(5)(和/英) クランクバック不要 / excluding crankbacks  
キーワード(6)(和/英) より悪い情報 / worse information  
キーワード(7)(和/英) 同じかより良い情報 / equal-or-better information  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 賢治 / Kenji Fujikawa / フジカワ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 昌孝 / Masataka Ohta / オオタ マサタカ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/東京工業大学 (略称: NICT/東工大)
National Institute of Information and Communications Technology/Tokyo Institute of Technology (略称: NICT/Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-06-19 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2009-11,IEICE-ICSS2009-19 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.85(IA), no.86(ICSS) 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2009-06-11,IEICE-ICSS-2009-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会