お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-19 11:45
光パルスシンセサイザを用いた形状可変なパルス圧縮
柏木 謙小玉雄一朗田中洋介黒川隆志東京農工大OPE2009-22 LQE2009-25 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-22 LQE2009-25
抄録 (和) 我々は時空間変換による全光信号処理を実現するシステムとして,アレイ導波路回折格子と強度・位相変調器をモノリシックに集積した光パルスシンセサイザを作製し,光コム光源から任意のパルス波形生成の研究に従事してきた.しかし,制御可能な帯域幅の制限から短パルス化に限界があった.本研究では,シンセサイザとファイバ非線形性を組み合わせることで,パルス幅や形状を柔軟に変えられるパルス圧縮に成功したので報告する.シンセサイザのみを用いる場合は3ps程度のパルス発生が限界だったが,本方法では1.3psまでパルスを圧縮でき,さらにペデスタルフリーのパルス発生にも成功した. 
(英) We have been working on arbitral waveform generation using an optical pulse synthesizer, which consists of an arrayed waveguide grating(AWG), intensity and phase modulators. It can control intensities and phases of individual frequency components of optical frequency comb and produce arbitral waveforms. Controllable bandwidth of AWG made limitation on flexibility of the produced pulse waveforms, especially on narrowing their pulse widths. In this paper, we introduced the optical pulse compression technique and realized flexible pulse compression technique which can change compressed pulse widths and waveforms. Because of the limitation, the optical pulse synthesizer could not produce the pulses whose pulse width was shorter than 3ps. By introducing the pulse compression technique, we realized 1.3ps pulse width and pedestal free pulses.
キーワード (和) 光パルスシンセサイザ / パルス圧縮 / 時空間変換 / / / / /  
(英) Optical pulse synthesizer / Pulse compression / Time-to-space conversion / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 92, OPE2009-22, pp. 37-40, 2009年6月.
資料番号 OPE2009-22 
発行日 2009-06-12 (OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OPE2009-22 LQE2009-25 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-22 LQE2009-25

研究会情報
研究会 LQE OPE  
開催期間 2009-06-19 - 2009-06-19 
開催地(和) 機械振興会館6階66号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 量子効果デバイス(光信号処理、LD、光増幅、変調等)と集積化技術、一般 「材料デバイスサマーミーティング」 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2009-06-LQE-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光パルスシンセサイザを用いた形状可変なパルス圧縮 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reconfigurable shape pulse compression using optical pulse synthesizer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光パルスシンセサイザ / Optical pulse synthesizer  
キーワード(2)(和/英) パルス圧縮 / Pulse compression  
キーワード(3)(和/英) 時空間変換 / Time-to-space conversion  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏木 謙 / Ken Kashiwagi / カシワギ ケン
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小玉 雄一朗 / Yuichiro Kodama / コダマ ユウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 洋介 / Yosuke Tanaka / タナカ ヨウスケ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 隆志 / Takashi Kurokawa / クロカワ タカシ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-06-19 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OPE2009-22,IEICE-LQE2009-25 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.92(OPE), no.93(LQE) 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OPE-2009-06-12,IEICE-LQE-2009-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会