お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-11 13:55
ステレオ視による高精度な奥行き情報の実時間推定
村平宏太田口 亮東京都市大SIS2009-6
抄録 (和) 近年,ロボットビジョンや車間距離計測,監視カメラなどにおいて,画像処理技術を用いて奥行き情報(距離情報)を推定する方法が必要とされている.代表的な奥行き情報推定法として,ステレオカメラで取得した2枚の画像間で対応する点を探索し,その対応点間の距離(視差)から奥行き情報を推定する方法であるステレオ視法がある.また,奥行き情報の推定では,実時間で高精度な奥行き情報が推定可能であることが望ましい.高精度な奥行き情報を得るためには,対応点を高精度で求める必要がある.そこで,提案法では,対応点探索に画像間のずれ量をサブピクセル単位で求めることができる方法である位相限定相関法を用いる.この位相限定相関法を用いて対応点をサブピクセル単位で探索することで高精度な奥行き情報を得ることが可能になるが,計算量的に実時間での処理が困難となってしまう.そこで,計算量低減のために,まず相互相関係数を用いてピクセル単位での対応点探索を行い,相互相関係数が最大となる点を基準として位相限定相関法を用いてサブピクセル単位で対応点を求めることで,高精度な奥行き情報を高速で推定する方法を明らかにする. 
(英) In some applications, the distance measurement using image processing techniques is often required. One typical approach is using the stereo vision to measure distance. In this paper, we study a real-time high precision distance measurement technique using the stereo vision. In the stereo vision, it is necessary to find corresponding points between two images obtained two cameras (or the stereo camera). If correct corresponding points are obtained, measuring with high precision distance is possible. In this paper, we use the phase-only correlation to find corresponding points with sub-pixel precision. However, the phase-only correlation method takes a great deal of time. Thus, we use the cross-correlation to obtain corresponding points within a pixel accuracy to reduce the calculation amount.
キーワード (和) ステレオ視 / 奥行き情報 / 位相限定相関法 / 実時間処理 / / / /  
(英) Stereo vision / Distance measurement / Phase-only correlation / Real-time processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 78, SIS2009-6, pp. 31-36, 2009年6月.
資料番号 SIS2009-6 
発行日 2009-06-04 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2009-6

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2009-06-11 - 2009-06-12 
開催地(和) 沖縄県久米島町立具志川農村環境改善センター 
開催地(英)  
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2009-06-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ステレオ視による高精度な奥行き情報の実時間推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real-time High Precision Distance Measurement by Stereo Vision 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ステレオ視 / Stereo vision  
キーワード(2)(和/英) 奥行き情報 / Distance measurement  
キーワード(3)(和/英) 位相限定相関法 / Phase-only correlation  
キーワード(4)(和/英) 実時間処理 / Real-time processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村平 宏太 / Kota Murahira / ムラヒラ コウタ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 亮 / Akira Taguchi / タグチ アキラ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-06-11 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2009-6 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.78 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2009-06-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会