お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-08 13:50
水滴を利用した空間充填型ディスプレイの明るさ向上に関する研究
永徳真一郎東大/NTT)・西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-7
抄録 (和) 空間内に粒子を配置し粒子の位置や発光パターンを制御することで,視覚的な表現に加えその映像を構成する物質に触れて楽しむことが可能な映像として,筆者らは『空間充填型ディスプレイ』を提案している.加えて,実装の1つとして水滴を粒子として用い,水滴群を落下させその真下から水滴群の落下位置に応じた映像をプロジェクタで投影する手法を提案しているが,表示映像の明るさに問題があった.本報告では落下する水滴群に対し複数台のプロジェクタで落下方向に対して斜め方向から映像を投影し,ディスプレイをプロジェクタの投影方向から見る方式を提案する. 
(英) We have proposed “Controllable Particle Display”, that controls the position and blinking pattern of particle and yields the visual representation and the representation to touch these particles. Additionally, as one of example of implementation, we use water drop as the particle of “Controllable Particle Display”. In this method, the system represents the objects by projecting the images to the falling water drops according to the position of water drops from the directly below. However, this method has the problem in terms of the brightness of object. In this report, we propose the method that image are projected to falling water drops at an angle, and users watch the image of this display from an anterior view of projector. By setting several projectors at several points, users can see the anterior view of one of a projector from each direction.
キーワード (和) 立体ディスプレイ / 水滴 / 公共空間 / / / / /  
(英) Volumetric Display / Water Drop / Public Space / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 75, MVE2009-7, pp. 37-42, 2009年6月.
資料番号 MVE2009-7 
発行日 2009-06-01 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2009-7

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI  
開催期間 2009-06-08 - 2009-06-09 
開催地(和) 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 
開催地(英) Seihoku Gallery, Annex, Yayoi Auditorium, the Univ. of Tokyo 
テーマ(和) 人工現実感,および一般(VR学会,HI学会,ITE-HIと共催) 
テーマ(英) Virtual Reality, etc. (with VRSJ, HIS and ITE-HI) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2009-06-MVE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水滴を利用した空間充填型ディスプレイの明るさ向上に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Improvement in Brightness of Controllable Particle Display Using Water Drops 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体ディスプレイ / Volumetric Display  
キーワード(2)(和/英) 水滴 / Water Drop  
キーワード(3)(和/英) 公共空間 / Public Space  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永徳 真一郎 / Shin-ichiro Eitoku / エイトク シンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 / 日本電信電話株式会社 (略称: 東大/NTT)
The University of Tokyo / Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: The Univ. of Tokyo / NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 邦裕 / Kunihiro Nishimura / ニシムラ クニヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智洋 / Tomohiro Tanikawa / タニカワ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 通孝 / Michitaka Hirose / ヒロセ ミチタカ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-06-08 13:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2009-7 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.75 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2009-06-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会