電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-08 14:35
内装模様を利用した位置計測のロバスト性の向上に関する研究
西坂信哉檜山 敦谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-8
抄録 (和) 人の位置情報によるサービスを屋内で行いたいというニーズに応えるシステムとして,数々の屋内測位システムが研究されている.そのようなシステムの一つとして我々は,画像マーカを用いたシステムの研究を行ってきている.マーカはユーザが任意にデザイン可能であるため,インテリアの装飾として用いることができる.このシステムでは床に配置された画像マーカをカメラで映すことによりカメラの3次元位置・姿勢情報を得ることができる.しかしこのシステムを公共空間で利用するためには,周囲の照明条件の変化よるマーカの認識率の低下や,マーカの種類及びカメラの床面に対する角度の変化に対する認識率の不安定性という問題がある.本研究ではこれらの問題それぞれに対し対策を講じ,公共空間でのロバスト性の向上及び認識可能な模様の汎用性の向上を実現した. 
(英) A lot of indoor positioning systems are studied to offer a public service based on one’s position information. We have studied the indoor localization system using fiducial markers. You can design the markers as you like so they are usable as interior decoration. In this system, you can get three-dimensional position and pose of your camera by capturing the image of the markers arranged on the floor. But there are some problems to use this system in the public space. For example, the decline of the marker recognition rate by the change of the surrounding light condition, and the instability of the marker recognition rate according to the kind of the marker and the camera angle. In this research, we achieved the robustness enhancement of the system in public space and increased recognizable markers.
キーワード (和) 屋内測位 / 画像マーカ / パターン認識 / P型フーリエ記述子 / ニューラルネットワーク / / /  
(英) indoor positioning / fiducial marker / pattern recognition / P-type fourier descriptor / neural network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 75, MVE2009-8, pp. 43-48, 2009年6月.
資料番号 MVE2009-8 
発行日 2009-06-01 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2009-8

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI  
開催期間 2009-06-08 - 2009-06-09 
開催地(和) 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 
開催地(英) Seihoku Gallery, Annex, Yayoi Auditorium, the Univ. of Tokyo 
テーマ(和) 人工現実感,および一般(VR学会,HI学会,ITE-HIと共催) 
テーマ(英) Virtual Reality, etc. (with VRSJ, HIS and ITE-HI) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2009-06-MVE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 内装模様を利用した位置計測のロバスト性の向上に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robustness Enhancement in Localization using Interior Decoration with Coded Pattern 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 屋内測位 / indoor positioning  
キーワード(2)(和/英) 画像マーカ / fiducial marker  
キーワード(3)(和/英) パターン認識 / pattern recognition  
キーワード(4)(和/英) P型フーリエ記述子 / P-type fourier descriptor  
キーワード(5)(和/英) ニューラルネットワーク / neural network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西坂 信哉 / Shinya Nishizaka / ニシザカ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University ofTokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 檜山 敦 / Atsushi Hiyama / ヒヤマ アツシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University ofTokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智洋 / Tomohiro Tanikawa / タニカワ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University ofTokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 通孝 / Michitaka Hirose / ヒロセ ミチタカ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University ofTokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-06-08 14:35:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2009-8 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.75 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2009-06-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会