お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-03 13:50
衛星「きずな(WINDS)」を利用したスーパーハイビジョン伝送実験
筋誡 久鈴木陽一小島政明橋本明記田中祥次正源和義NHKSAT2009-3
抄録 (和) NHKでは次世代の映像メディアとして,広視野・大画面の超高精細映像システム「スーパーハイビジョン」を研究・開発している.スーパーハイビジョンの高臨場感映像・音響を放送として家庭へ送り届けるためには,広帯域な伝送路を利用した大容量伝送が必要である.広帯域な伝送路としては,Ka帯である21GHz帯衛星放送が有力な手段の一つとして考えられ,伝送システムの検討を進めている.今回、誤り訂正符号としてLDPCを採用した300MHz級の広帯域変復調器を開発して,Ka帯広帯域実験衛星「きずな(WINDS)」経由でスーパーハイビジョンの多チャンネル伝送実験をNICTと共同で行ったので、その結果を報告する。 
(英) NHK is studying “Super Hi-Vision/ultra high definition TV” as next generation broadcasting, aiming at the ultimate broadcasting system with a heightened sensation of reality. The 21-GHz band satellite broadcasting system is under development as a promising transmission channel to deliver Super Hi-Vision signals to the home, because Super Hi-Vision signal requires a wide band transmission line. NHK have developed a prototype of wideband (300MHz bandwidth) modulator and demodulator with LDPC FEC that have the capability to transmit/receive several compressed Super Hi-Vision programs. We carried out a multichannel Super Hi-Vision transmission experiment through the Ka band satellite “KIZUNA (WINDS)” developed by JAXA and NICT using the modem to investigate the basic property of wideband transmission in Ka-band for the Super Hi-Vision satellite broadcasting in the 21GHz band in future.
キーワード (和) スーパーハイビジョン / 広帯域伝送 / 衛星「きずな」 / 衛星放送 / / / /  
(英) Super Hi-Vision / wideband transmission / KIZUNA(WINDS) satellite / satellite broadcasting / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 72, SAT2009-3, pp. 13-18, 2009年6月.
資料番号 SAT2009-3 
発行日 2009-05-27 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2009-3

研究会情報
研究会 SAT WBS  
開催期間 2009-06-03 - 2009-06-03 
開催地(和) KDDI研究所 
開催地(英) KDDI R&D Laboratories 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術および一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Digital Proccessing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2009-06-SAT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星「きずな(WINDS)」を利用したスーパーハイビジョン伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Super Hi-Vision Transmission Experiment via "KIZUNA(WINDS)" Satellite 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スーパーハイビジョン / Super Hi-Vision  
キーワード(2)(和/英) 広帯域伝送 / wideband transmission  
キーワード(3)(和/英) 衛星「きずな」 / KIZUNA(WINDS) satellite  
キーワード(4)(和/英) 衛星放送 / satellite broadcasting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 筋誡 久 / Hisashi Sujikai / スジカイ ヒサシ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yoichi Suzuki / スズキ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 政明 / Masaaki Kojima / コジマ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 明記 / Akinori Hashimoto / ハシモト アキノリ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 正源 和義 / Kazuyoshi Shogen / ショウゲン カズヨシ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-06-03 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2009-3 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.72 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2009-05-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会