お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-05-29 09:30
大規模データベースを用いたMRA画像における脳血管領域の検出法の開発と評価
浅野龍紀内山良一横山龍二郎原 武史藤田広志岩間 亨星 博昭岐阜大IE2009-34 PRMU2009-25 MI2009-25
抄録 (和) これまで未破裂動脈瘤や狭窄などの脳血管疾患の検出支援を行うためのコンピュータ支援診断(CAD)システムが開発されてきた.血管抽出はこれらのCADシステにおいて必要不可欠な構成要素である.本論文では,MRA画像における脳血管領域を抽出する方法を提案する.まず,濃度階調変換を行った後に,参照画像とレジストレーションを用いて位置の情報を補正した.次に,領域拡張法を適用して血管領域を抽出した.抽出した血管の候補領域から,大きさ,形状,位置などの特徴を計測し,それらを用いて偽陽性候補を削除した.本手法を876症例からなる大規模データベースで評価したところ,主観的評価では98.1%の症例において良好な結果を得た.また,ランダムに選択した50症例を用いて客観的な評価を行った結果,平均一致率は0.869であった.したがって,本手法はMRA画像から血管領域を抽出する手法として有用であると考えられる. 
(英) Computer-aided diagnosis (CAD) schemes for the detection of cerebrovascular diseases such as unruptured aneurysm and stenosis have been developed. The accurate segmentation of cerebral arteries in MRA images is an essential component of these CAD schemes. The purpose of this study is to develop a computerized method for segmenting cerebral arteries. For the segmentation of the cerebral arteries, we first used a gray level transformation to calibrate voxel values. To adjust variations in the positioning of patients, registration was subsequently employed to maximize the overlapping of the cerebral arteries in the target image and reference image. The cerebral arteries were then segmented from the background using gray level thresholding and region growing techniques. Finally, rule-based schemes with image features such as size, shape, and anatomical location were employed to distinguish between cerebral arteries and false positives. Our method was applied to 876 clinical cases. The result of subjective evaluation indicated that 98.1% of the cases achieved acceptable segmentation results. In addition, the objective evaluation which measures the overlap between the computer segmentation and manual segmentation indicated that the overlap of the randomly selected 50 cases was 0.869. Therefore, our computerized method would be useful in CAD schemes for the segmentation of the cerebral arteries in MRA images.
キーワード (和) MRアンギオグラフィ / 大規模データベース / 血管抽出 / コンピュータ支援診断 / / / /  
(英) Magnetic resonance angiography / Large image database / Vessel segmentation / Computer-aided diagnosis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 65, MI2009-25, pp. 135-139, 2009年5月.
資料番号 MI2009-25 
発行日 2009-05-21 (IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2009-34 PRMU2009-25 MI2009-25

研究会情報
研究会 PRMU IE MI  
開催期間 2009-05-28 - 2009-05-29 
開催地(和) 岐阜大 
開催地(英) Gifu Univ. 
テーマ(和) 映像ハンドリング技術とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2009-05-PRMU-IE-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模データベースを用いたMRA画像における脳血管領域の検出法の開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and performance evaluation of automatic segmentation method of cerebral arteries in MRA image by use of large image database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MRアンギオグラフィ / Magnetic resonance angiography  
キーワード(2)(和/英) 大規模データベース / Large image database  
キーワード(3)(和/英) 血管抽出 / Vessel segmentation  
キーワード(4)(和/英) コンピュータ支援診断 / Computer-aided diagnosis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 龍紀 / Tatsunori Asano / アサノ タツノリ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 良一 / Yoshikazu Uchiyama / ウチヤマ ヨシカズ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 龍二郎 / Ryujiro Yokoyama / ヨコヤマ リュウジロウ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 武史 / Takeshi Hara / ハラ タケシ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 広志 / Hiroshi Fujita / フジタ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩間 亨 / Toru Iwama / イワマ トオル
第6著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 星 博昭 / Hiroaki Hoshi / ホシ ヒロアキ
第7著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-05-29 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-IE2009-34,IEICE-PRMU2009-25,IEICE-MI2009-25 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.63(IE), no.64(PRMU), no.65(MI) 
ページ範囲 pp.135-139 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IE-2009-05-21,IEICE-PRMU-2009-05-21,IEICE-MI-2009-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会