電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-05-29 14:15
帯域抽出による偏分布極の高精度な推定法
村田恵介古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ARモデルに忠実に従うシステムに対する極推定法が研究されている.このようなシステムの極推定は,たとえば核磁気共鳴分光法などの応用において重要である.従来の極推定法には,AR係数多項式を因数分解する段階で,推定次数が増大するにつれて数値計算誤差が増大するという問題がある.この問題に対して我々は,多段推定系による極推定法を提案した.しかし依然として,偏分布した極に対する極推定は精度が悪く,改善が必要である.本報告では,この問題の存在を明らかにし,この問題に対して有効な帯域抽出による極推定法を提案する.提案法を用いた結果,偏分布極の推定に有効であることが示され,極推定の精度が約50倍向上した. 
(英) There are pole estimation methods to the system which follows AR model faithfully. For example, in the NMR spectroscopy, it is important to estimate such the poles of the system. The conventional pole estimation method has the problem which calculation error grows by growing estimation order at factorization of AR coefficient polynomial. For this problem, we proposed Multi-Staged Pole Estimation Method. However, it is not accurate estimation of the maldistributed poles. In this report, the existence of this problem is clarified, and effective pole estimation method by the band extraction for this problem is proposed. Consequently, using the proposed method, it is effective to estimate maldistributed poles, and the accuracy of the pole estimation improved about 50 times.
キーワード (和) 極推定 / 帯域抽出 / 偏分布極 / / / / /  
(英) pole estimation / band extraction / maldistributed poles / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 56, SIP2009-13, pp. 65-70, 2009年5月.
資料番号 SIP2009-13 
発行日 2009-05-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SIP SP  
開催期間 2009-05-28 - 2009-05-29 
開催地(和) 兵庫県立大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(応用/電気音響・信号処理・音声) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2009-05-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域抽出による偏分布極の高精度な推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A high-precise estimation method for maldistributed poles by the band extraction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 極推定 / pole estimation  
キーワード(2)(和/英) 帯域抽出 / band extraction  
キーワード(3)(和/英) 偏分布極 / maldistributed poles  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 恵介 / Keisuke Murata / ムラタ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 利博 / Toshihiro Furukawa / フルカワ トシヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 一 / Hajime Kubota / クボタ ハジメ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-05-29 14:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2009-13,IEICE-SIP2009-13,IEICE-SP2009-18 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.55(EA), no.56(SIP), no.57(SP) 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2009-05-21,IEICE-SIP-2009-05-21,IEICE-SP-2009-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会