電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-05-28 16:00
アナログニューラルネットワーク回路を利用したダクト内アクティブノイズコントロール
加藤正史小野田皓司田中俊弘名工大EA2009-6 SIP2009-6 SP2009-11
抄録 (和) ダクト内騒音を除去するアクティブノイズコントロール(ANC)は従来デジタル信号処理により利用されてきたが,信号処理に必要な時間遅延における音の進行を考慮する必要がありシステムが大きくなるという問題があった.本論文ではその問題を解決するために高速で動作するアナログニューラルネットワーク回路を提案し,それによるANCシステムを検証する.提案する回路はアナログ乗算回路,積分回路による演算を用いた階層型ニューラルネットワーク構造を有しており,その動作をHSPICEによる回路シミュレーションにより確認した.さらに試作した回路をダクト内のマイク,スピーカーに接続し消音効果を測定することで,ANCの効果を確認した 
(英) Although active noise control (ANC) in acoustic field of ducts has been applied with digital signal processing, the ANC systems are usually large owing to signal processing interval. This paper proposes a new ANC system with an analog neural network circuit which will process signals in short interval. The circuit in the proposed system has a neural network structure using analog multipliers and an integrator, and we simulated performance of the circuit by HSPICE. We also fabricated a trial circuit and confirmed ANC effects using the trial circuit connecting microphones and speakers in a duct.
キーワード (和) アクティブノイズコントロール / アナログ / ニューラルネットワーク / 回路 / / / /  
(英) active noise control / analog / neural network / circuit / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 56, SIP2009-6, pp. 29-33, 2009年5月.
資料番号 SIP2009-6 
発行日 2009-05-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2009-6 SIP2009-6 SP2009-11

研究会情報
研究会 EA SIP SP  
開催期間 2009-05-28 - 2009-05-29 
開催地(和) 兵庫県立大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(応用/電気音響・信号処理・音声) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2009-05-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アナログニューラルネットワーク回路を利用したダクト内アクティブノイズコントロール 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Active noise control in a duct by an analog neural network circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクティブノイズコントロール / active noise control  
キーワード(2)(和/英) アナログ / analog  
キーワード(3)(和/英) ニューラルネットワーク / neural network  
キーワード(4)(和/英) 回路 / circuit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 正史 / Masashi Kato / カトウ マサシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野田 皓司 / Koji Onoda / オノダ コウジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 俊弘 / Toshihiro Tanaka / タナカ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-05-28 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2009-6,IEICE-SIP2009-6,IEICE-SP2009-11 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.55(EA), no.56(SIP), no.57(SP) 
ページ範囲 pp.29-33 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2009-05-21,IEICE-SIP-2009-05-21,IEICE-SP-2009-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会