お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-05-22 11:25
フロー群情報を用いたアプリケーション分類法の一検討
竹下 恵黒沢 健辻野雅之岩下 基NTT)・市野将嗣小松尚久早大NS2009-28
抄録 (和) インターネット上では音声・映像等の品質クラスから見て多様なトラヒックが同じ品質条件で流通している.このような環境では 1 フロー当りの要求スループットが大きい映像アプリケーションが快適に視聴できない状況が発生する.この問題の解決法として,ネットワーク側で映像トラヒックを自動的に識別しDiffserv等によるQoS制御を行うことが考えられる.しかしながら,既存研究において,HTTPやSMTPといったポート番号毎に分類する方法は提案されているものの,映像トラヒックを抽出する方法はまだ確立されていない.映像トラヒックは様々なプロトコル上で転送されているが,今回は代表例としてWeb等と同じポート番号で提供されているHTTP上の映像トラヒックを識別する方法を検討する.本稿ではC4.5決定木によりHTTPトラヒックを映像トラヒック, ウェブブラウジング, ファイル転送に分類する指標を提案する.大学ネットワークでのトラヒックデータを分類し,結果として既存の方法と比較して総合的な正答率は10\%程度低下するものの,目的としている映像通信トラヒックの正答率を約70\%から約90\%まで高めた. 
(英) The Internet treats many kinds of applications as a same QoS level. In such a network, there are the cases that users are not able to watch video applications because of the requirements of large bandwidth. In order to solve this problem, we consider the QoS control like Diffserv by automatically identifing the video traffic. While researchers proposed some methods that classify the traffic data into protocols such as HTTP or SMTP, there is no method that classifies the traffic data into video traffic. We consider the multiple usage of HTTP and try to classify HTTP into video, web, or file-transfer by using C4.5 decision tree. As a result, while the total recall rate decreased about 10\%, the recall rate of video, which largely affects to bandwidth design, increased from 70\% to 90\%.
キーワード (和) トラヒックフロー / C4.5決定木 / QoS / / / / /  
(英) traffic flow / C4.5 decision tree / QoS / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 36, NS2009-28, pp. 67-71, 2009年5月.
資料番号 NS2009-28 
発行日 2009-05-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-28

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2009-05-21 - 2009-05-22 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University (Hiroshima) 
テーマ(和) 高度プロトコル・ネットワーキング技術(IP及び高位レイヤルーチング・フィルタリング、マルチキャスト、品質・経路制御)、IPNWの利用技術(P2P、P4P、オーバレイ、SIP、NGN)、ネットワークシステム関連技術(システム構成法、インタフェース、アーキテクチャ、ハードウェア・ソフトウェア・ミドルウェア)、一般 
テーマ(英) Advanced Protocol and Network Control (Application level routing, QoS and Path Control, P2P, P4P, SIP), Network System Architecture (Interface, Hardware, Software) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-05-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フロー群情報を用いたアプリケーション分類法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the ApplicationClassification Method Using the Flow-Group Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラヒックフロー / traffic flow  
キーワード(2)(和/英) C4.5決定木 / C4.5 decision tree  
キーワード(3)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 恵 / Kei Takeshita / タケシタ ケイ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒沢 健 / Takeshi Kurosawa / クロサワ タケシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻野 雅之 / Masayuki Tsujino / ツジノ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩下 基 / Motoi Iwashita / イワシタ モトイ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 市野 将嗣 / Masatsugu Ichino / イチノ マサツグ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学大学院基幹理工学研究科 (略称: 早大)
Graduate school of Fundamental Sience and Engineering, Waseda University (略称: Waseda Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 尚久 / Naohisa Komatsu / コマツ ナオヒサ
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学大学院基幹理工学研究科 (略称: 早大)
Graduate school of Fundamental Sience and Engineering, Waseda University (略称: Waseda Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-05-22 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-28 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.36 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2009-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会