電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-05-22 16:20
スペクトル重複リソースマネジメントを用いたシングルキャリアにおける多値変調適用時の性能評価
横枕一成高橋宏樹中村 理後藤淳悟浜口泰弘シャープRCS2009-25
抄録 (和) 本稿では,シングルキャリアを用いたスペクトル重複リソースマネジメント(SORM:Spectrum-Overlapped Resource Management)において,多値変調を適用した場合の伝送特性を評価する.SORM では,ターボ等化によるマルチユーザ検出を前提に各ユーザの周波数割当を決定する際に伝搬路特性を優先し,ターボ等化によりシンボル間干渉とユーザ間干渉を一括してキャンセルすることで高い周波数選択ダイバーシチが得られるだけでなく,自律的に割り当てた場合にはスケジューリングも簡易になる.しかしながら,16QAM(Quadrature Amplitude Modulation)などのより高い多値数の変調方式を適用した場合,信号点間距離が近くなるため、ターボ等化が適切に収束しなくなる恐れがある.そこで本稿では,多値変調を用いた SORM の性能を評価するとともに,重複可能な割合を評価する. 
(英) This paper evaluates performances of single carrier based spectrum-overlapped resource management (SORM) using single carrier transmission for higher order modulation. In the SORM, each user's spectrum can be allocated according to its own channel condition, and stochastically overlapped spectrum can be discriminated by employing a iterative turbo equalization for the multi-user detection (MUD), which can gradually cancel inter-user interference (IUI) as well as inter-symbol interference (ISI), thereby we can achieve high frequency selection diversity and flexible resource allocation. However, when higher order modulation such as 16-ary quadrature amplitude modulation (16QAM) is used, the Euclidean distance in the constellation is shorter. In this case, it is more difficult that turbo equalization is successfully converged when modulation level is higher. Therefore, in this paper, we evaluate the transmission performances in the case of higher order modulation, and appropriate overlapping rate for each modulation level.
キーワード (和) スペクトル重複リソースマネジメント / シングルキャリア / 多値変調 / ターボ等化 / / / /  
(英) spectrum-overlapped resource management / single carrier / higher order modulation / turbo equalization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 38, RCS2009-25, pp. 145-150, 2009年5月.
資料番号 RCS2009-25 
発行日 2009-05-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-25

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2009-05-21 - 2009-05-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) マルチホップ,メッシュネットワーク,ネットワーク符号化,無線通信一般 
テーマ(英) multihop, mesh network, network coding, wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトル重複リソースマネジメントを用いたシングルキャリアにおける多値変調適用時の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Spectrum-Overlapped Resource Management using Single Carrier for Higher Order Modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スペクトル重複リソースマネジメント / spectrum-overlapped resource management  
キーワード(2)(和/英) シングルキャリア / single carrier  
キーワード(3)(和/英) 多値変調 / higher order modulation  
キーワード(4)(和/英) ターボ等化 / turbo equalization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横枕 一成 / Kazunari Yokomakura / ヨコマクラ カズナリ
第1著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 宏樹 / Hiroki Takahashi / タカハシ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 理 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第3著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 淳悟 / Jungo Goto / ゴトウ ジュンゴ
第4著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 泰弘 / Yasuhiro Hamaguchi / ハマグチ ヤスヒロ
第5著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-05-22 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-25 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.38 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会