電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-05-15 13:10
FPGAを用いた局所的コントラスト強調の実時間処理の実現
國府田健太郎丸山 勉筑波大RECONF2009-14
抄録 (和) 局所的コントラスト強調法とは,画像の局所領域のコントラストを強調することで細部の可視性を高める技術である.Adaptive histogram equalization(AHE)は局所的コントラスト強調法の手法のひとつである.AHE では,分割された領域それぞれに対する濃度値ヒストグラムを求め,それをもとに濃度値を再配分する.AHE は計算量が膨大であり,時間的な制約のあるアプリケーションに応用しにくい.本論文ではFPGA を用いたAHE のリアルタイム処理手法を提案する.我々のシステムでは画像の各ピクセルに対してヒストグラムを生成し,それを用いてピクセルの濃度値を再配置する.この手法では計算量が非常に大きくなるが,補間を用いないなめらかな強調画像を生成することができる.ヒストグラムの一部をFPGA 上のメモーバンクに一時的に保存することによって再利用し,さらにヒストグラム中の全ての濃度値に対して並列に計算を行うことでFPGA を用いてHD サイズ画像のリアルタイム処理が可能となる.この性能はFPGA 上のメモリバンクの非常に高いデータ転送能力によって初めて可能となる. 
(英) Adaptive histogram equalization (AHE) is a method for the local contrast enhancement. AHE computes several histograms of intensity values, each corresponding to a distinct region of the image, and uses them to redistribute the intensity values. AHE is very computationally intensive and not acceptable for most applications.In this paper, we propose a method for real-time computation of AHE using an FPGA. In our system, a histogram is generated for each pixel in a image, and the intensity of the pixel is remapped using the histogram. The computational complexity of this approach is very high, but it can generate smooth enhanced images without using interpolation techniques. By reusing partial histograms by temporarily storing them in on-chip memory banks, and by adding/subtracting all bins in the histograms in parallel, we can achieve real-time processing of HD images using an FPGA.
キーワード (和) FPGA / 画像処理 / コントラスト強調 / / / / /  
(英) FPGA / image processing / contrast enhancement / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 26, RECONF2009-14, pp. 79-84, 2009年5月.
資料番号 RECONF2009-14 
発行日 2009-05-07 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2009-14

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2009-05-14 - 2009-05-15 
開催地(和) 福井大学文京キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2009-05-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGAを用いた局所的コントラスト強調の実時間処理の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real-time processing of local contrast enhancement on FPGA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(2)(和/英) 画像処理 / image processing  
キーワード(3)(和/英) コントラスト強調 / contrast enhancement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 國府田 健太郎 / Kentaro Kokufuta / コクフタ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 勉 / Tsutomu Maruyama / マルヤマ ツトム
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-05-15 13:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2009-14 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.26 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2009-05-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会