電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-05-15 11:00
動作合成による暗号回路の生成と性能評価
堀 洋平伊藤麻衣中大)・今井秀樹中大/産総研RECONF2009-12
抄録 (和) 近年,様々な情報機器に暗号技術が応用されているが,暗号の高速・省電力な処理の
ためには専用ハードウェアが必要不可欠である.一方,ハードウェア開発はソ
フトウェアより多くの時間とコストがかかるという問題がある.これを解
決するために,動作合成によって暗号ハードウェアを開発することが考えられ
る.しかし,動作合成が暗号ハードウェア開発にどの程度有効であるかはこれ
までほとんど報告されていない.本稿では,AES暗号化モジュールを動作合成し
てその性能を明らかにするとともに,高性能な暗号回路を合成するための記述
方法について検討した. 
(英) Cryptography is widely applied to various consumer electronics to
protect digital contents, users' privacy, product confidentiality and
so on. However, the development period of cryptographic hardware is
exceedingly longer than that of software. Behavior-level synthesis
could solve this problem, nevertheless its effectiveness is vague so
far. This paper reveals the feasibility of behavior-level synthesis
for the development of cryptographic hardware and discusses the optimal
coding scheme to achieve high-performance hardware.
キーワード (和) 動作合成 / 暗号回路 / FPGA / AES / / / /  
(英) behavior-level synthesis / cryptographic hadware / FPGA / AES / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 26, RECONF2009-12, pp. 67-72, 2009年5月.
資料番号 RECONF2009-12 
発行日 2009-05-07 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2009-12

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2009-05-14 - 2009-05-15 
開催地(和) 福井大学文京キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2009-05-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動作合成による暗号回路の生成と性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of Cryptographic Hardware Generated by Behavior-level Synthesis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動作合成 / behavior-level synthesis  
キーワード(2)(和/英) 暗号回路 / cryptographic hadware  
キーワード(3)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(4)(和/英) AES / AES  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 洋平 / Yohei Hori / ホリ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 麻衣 / Mai Itoh / イトウ マイ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 秀樹 / Hideki Imai / イマイ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 中央大学/産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センター (略称: 中大/産総研)
Chuo University/National Institute of Advanced Industrial Science and Tecnology (略称: Chuo Univ./AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-05-15 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2009-12 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.26 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2009-05-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会