電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-23 14:30
多機能な汎用字点インタフェース(Braille IF)の開発
坂井忠裕半田拓也浅川 治NHK)・石川 准静岡県立大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 筆者らは、デジタル放送やWebをはじめ多様なアプリケーションを視覚に障害のある人に提供できる情報環境を目指している。今回、点字の知識がないアプリケーション制作者でも点字装置への出力が可能で、アクセシビリティの向上を目的に、統一的な点字インタフェース(Braille IF)を開発した。Braille IFでは、アプリケーションと各種の点字装置の間でデータを授受するAPIを提供し、各種の点字装置のデバイスドライバを実装できる。また、ユーザのメンタルモデルに対応して容易な操作で自由にキーを割り当てられる機能や、おもに盲ろう者に、操作応答やナビゲーションの支援となる情報を振動で伝える機能を有する。本報告では、Braille IFの方式の概要と機能、および動作応答速度に関する評価実験の結果を述べる。 
(英) We are aiming to create an information environment that can provide various applications such as digital broadcasting and Web services to visually impaired people. In the present study, we developed an “integrated Braille interface” (called Braille IF)—which aims to improve accessibility by enabling an application programmer (even one who does not know Braille) to output to a Braille device. Through this Braille interface, an application-programming interface (API) for communicating data between applications and various Braille devices is provided, and a device driver for multiple Braille devices can be implemented. Moreover, it provides two additional functions: a function that allows keys to be freely assigned by a simple operation according to a user’s mental model; and a function that conveys information for operating response and assisting navigation by means of vibrations chiefly to deaf-blind people. The rest of this paper overviews the principle of Braille IF, describes its functions, and presents results of evaluation tests on its operation response speed.
キーワード (和) 視覚障害 / 点字インタフェース / アクセシビリティ / キーアサイン / 振動提示 / API / /  
(英) Visually impairment / Braille interface / Accessibility / Key assign / Vibration presentation / API / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 488, WIT2008-70, pp. 7-12, 2009年3月.
資料番号 WIT2008-70 
発行日 2009-03-16 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2009-03-23 - 2009-03-25 
開催地(和) 島根大学 
開催地(英) Shimane Univ. 
テーマ(和) 福祉情報工学一般(HCGシンポジウムの一環として開催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2009-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多機能な汎用字点インタフェース(Braille IF)の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a wide use Braille Interface for Visually Impaired People 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障害 / Visually impairment  
キーワード(2)(和/英) 点字インタフェース / Braille interface  
キーワード(3)(和/英) アクセシビリティ / Accessibility  
キーワード(4)(和/英) キーアサイン / Key assign  
キーワード(5)(和/英) 振動提示 / Vibration presentation  
キーワード(6)(和/英) API / API  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 忠裕 / Tadahiro Sakai / サカイ タダヒロ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technical Research Lab. (略称: NHK Sci & Tech Research Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 拓也 / Takuya Handa / ハンダ タクヤ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technical Research Lab. (略称: NHK Sci & Tech Research Lab.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅川 治 / Osamu Asakawa / アサカワ オサム
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technical Research Lab. (略称: NHK Sci & Tech Research Lab.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 准 / Jun Ishikawa /
第4著者 所属(和/英) 静岡県立大学 (略称: 静岡県立大)
University of Shizuoka (略称: Univ. of Shizuoka)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-23 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2008-70 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.488 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2009-03-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会