電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-16 11:40
JPEG 2000の非可逆9-7 DWTと互換な可逆9-7 DWT
岩橋政宏長岡技科大)・貴家仁志首都大東京IE2008-257
抄録 (和) 本報告では、JPEG 2000国際標準により規定された、非可逆な9-7離散ウェーブレット変換(DWT)と同じ伝達関数を有し、なおかつ、これと相互接続した場合に生じるミスマッチングが少ない、可逆な9-7 DWTを提案する。提案法を用いることで、ロスレス符号化が可能となる。更に、JPEG 2000のロッシー符号化結果を、提案法により復号する場合、あるいは、提案法の符号化結果を、JPEG 2000により復号する場合に、順変換と逆変換のミスマッチに起因する誤差を、従来の可逆9-7 DWTに比べて低減できる。本報告では、9-7 DWTの分離型2次元(2D)の伝達関数を、非分離型の関数に因数分解することで、リフティングのステップ数、すなわち、丸め処理の個数を半分以下に低減する。画像を用いた実験により、従来の分離型の可逆9-7 DWTに比べ、ロスレス符号化性能を維持しつつも、ロッシー符号化との互換性を向上できることが確認された。 
(英) In this report, we propose a new reversible 9-7 discrete wavelet transform (DWT) compatible to the irreversible 9-7 DWT in lossy coding of the JPEG 2000. The proposed method is applicable to the lossless coding. Also, compatibility to the irreversible DWT is increased. In the proposed DWT, all the filters and scalings are factorized into lifting steps. Especially, we factorize the separable two dimensional (2D) transfer function of the 9-7 DWT into non-separable functions. As a result, the number of the lifting steps is reduced to less than half so as the rounding operations. It is experimentally confirmed that the compatibility to the irreversible 9-7 DWT is improved comparing to an existing separable and reversible 9-7 DWT, maintaining lossless coding performance.
キーワード (和) ウェーブレット / ロスレス / 符号化 / ロッシー / 誤差 / / /  
(英) wavelet / lossless / coding / lossy / / error / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 485, IE2008-257, pp. 23-28, 2009年3月.
資料番号 IE2008-257 
発行日 2009-03-09 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2008-257

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2009-03-16 - 2009-03-16 
開催地(和) テクノプラザ愛媛 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像符号化、システムおよび一般 
テーマ(英) Image/Video coding, Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2009-03-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) JPEG 2000の非可逆9-7 DWTと互換な可逆9-7 DWT 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reversible 9-7 DWT compatible to irreversible 9-7 DWT of JPEG 2000 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ウェーブレット / wavelet  
キーワード(2)(和/英) ロスレス / lossless  
キーワード(3)(和/英) 符号化 / coding  
キーワード(4)(和/英) ロッシー / lossy  
キーワード(5)(和/英) 誤差 /  
キーワード(6)(和/英) / error  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 政宏 / Masahiro Iwahashi / イワハシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-16 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2008-257 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2009-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会