電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-16 10:50
ディジタル画像内での部分複写の検出
野田恵司カイルル バシャール竹内義則大西 昇名大IE2008-255
抄録 (和) ディジタル画像内での部分複写を検出する手法を提案する.従来手法では,平行移動による部分複写のみを対象としていたが,提案手法では,回転や反転が加えられた部分複写も対象とする.本手法は,まず入力画像から,回転不変の特徴量と階調重心ベクトルを用いて,回転角の推定と反転の有無の判定をする.この推定及び判定の結果から,入力画像を複製し,それに回転や反転を加えた画像を作成する.この画像と入力画像を結合した拡張画像において,類似する箇所を探し出すことで複写場所を特定する. 
(英) We propose a method for detecting the duplicated regions in a digital image. Conventional methods treat only a simple case of translation duplication. Therefore we treat a complex duplication accompanied with rotation and/or reversal. By using rotation invariant image features, the proposed method estimates rotation angle and judges whether reversal exists. We transform an input image by estimated rotation angle and/or reversal. In an extended image combining the input and transformed images, pixels with similar feature are searched to determine duplicated location. Experimental results shows the effectiveness of the method.
キーワード (和) 部分複写 / 回転不変の特徴量 / 階調重心ベクトル / 回転 / 反転 / / /  
(英) partial duplication / rotation invariant feature / gradation centroid vector / rotation / reversal / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 485, IE2008-255, pp. 13-18, 2009年3月.
資料番号 IE2008-255 
発行日 2009-03-09 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2008-255

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2009-03-16 - 2009-03-16 
開催地(和) テクノプラザ愛媛 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像符号化、システムおよび一般 
テーマ(英) Image/Video coding, Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2009-03-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディジタル画像内での部分複写の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detecting Partially Duplicated Image Regions in a Digital Forgeries 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 部分複写 / partial duplication  
キーワード(2)(和/英) 回転不変の特徴量 / rotation invariant feature  
キーワード(3)(和/英) 階調重心ベクトル / gradation centroid vector  
キーワード(4)(和/英) 回転 / rotation  
キーワード(5)(和/英) 反転 / reversal  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 恵司 / Keiji Noda / ノダ ケイジ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学大学院 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) カイルル バシャール / Khayrul Bashar / カイルル バシャール
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学大学院 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 義則 / Yoshinori Takeuchi / タケウチ ヨシノリ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学大学院 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 昇 / Noboru Ohnishi / オオニシ ノボル
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学大学院 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-16 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2008-255 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2009-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会