電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-16 11:15
超高精細映像符号化におけるマクロブロックサイズ拡張手法に関する一検討
吉野知伸内藤 整酒澤茂之KDDI研IE2008-256
抄録 (和) 近年の映像配信サービスではHDTVクラスの高解像度映像が主流となりつつあり,将来的には更に高解像度な映像の導入が期待されている.一方,映像配信サービスに不可欠な技術である映像圧縮技術としては,既標準手法ではH.264が最も注目されている.H.264では,マクロブロック(MB)サイズとして16画素×16ラインが用いられる.しかし,超高精細映像に対する符号化においては,16画素×16ライン程度の小さなMBサイズを適用すると,サイド情報の空間的な冗長性が高くなることが懸念される.この問題を解決するため,筆者らは,過去に4Kクラスの高解像度映像に対するMBサイズ拡張手法を提案した.本研究では, 8K映像に対する符号化性能の改善を目的とし,同手法を超高精細映像に適用する.符号化実験により,8K映像に対して最大で50%の符号量削減が期待されることを確認した. 
(英) Recently, high resolution video such as HDTV becomes popular in video distribution services, and the service is expected to evolve toward higher resolution video services in the future. Video compression technology is necessary for video distribution service, and H.264 is the most effective technology among the standardized ones. The current H.264 standard employ 16x16 macroblock (MB) size, however, it is not efficient for the ultra-high resolution video due to high spatial redundancy of coded side information. In our previous work, we have proposed an approach of extending MB size for high resolution video such as 4K digital cinema in order to overcome the efficiency problem. In this study, we applied the same approach to ultra-high resolution video such as 8K. From coding experiments, it was confirmed that the bit reduction ratio in the maximum case for 8K would reach 50% approximately.
キーワード (和) 超高精細映像 / マクロブロックサイズ / H.264/AVC / / / / /  
(英) Ultra-high resolution video / macroblock size / H.264/AVC / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 485, IE2008-256, pp. 19-22, 2009年3月.
資料番号 IE2008-256 
発行日 2009-03-09 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2008-256

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2009-03-16 - 2009-03-16 
開催地(和) テクノプラザ愛媛 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像符号化、システムおよび一般 
テーマ(英) Image/Video coding, Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2009-03-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超高精細映像符号化におけるマクロブロックサイズ拡張手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on extended macroblock size scheme for ultra-high resolution video coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超高精細映像 / Ultra-high resolution video  
キーワード(2)(和/英) マクロブロックサイズ / macroblock size  
キーワード(3)(和/英) H.264/AVC / H.264/AVC  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 知伸 / Tomonobu Yoshino / ヨシノ トモノブ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 整 / Sei Naito / ナイトウ セイ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒澤 茂之 / Shigeyuki Sakazawa / サカザワ シゲユキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-16 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2008-256 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IE-2009-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会