電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-16 15:25
複数直線運動に近似したPSFパラメータ推定による手ブレ画像復元手法
笹川真吾戸田真志公立はこだて未来大IE2008-262
抄録 (和) 本研究では,カメラ撮影の際に生じる手ブレ画像の復元を目的とする.十分な光量が得られない環境下においての撮影では,露光時間を長くする必要があり,その間にカメラや対象物体が動くことによってブレが生じた画像が撮影される.この場合のブレは,単一方向のブレのみではなく二次元方向にブレが生じる.劣化画像の復元では,劣化の課程を表すPSF(Point Spread Function)の推定が必要となる.PSFは,ブレの幅と方向の二つのパラメータによって表すことができる.本研究では,二次元ブレを複数の等速直線運動よって生じていると仮定し,二次元ブレに対応したPSFの公式の拡張を提案する.二次元ブレでは,各ブレのPSFの和を求めることによって画像全体のブレを表すことができる.さらに,実画像領域からPSFのパラメータを推定する手法も合わせて提案する.最後に実画像を用いて実験を行い,提案手法の効果を示す. 
(英) The purpose of this study is restoration of the motion blur produced in the case of photography. The photography in a dark place needs to lengthen exposure time. The motion blur is generated when a camera and objects move during exposure time. This blur is generated in the various directions. The restoration of deteriorated image needs an estimation of PSF (Point Spread Function). PSF is determined with two parameters, the width of blur and the direction of blur. In this study, we assume that two-dimension blur is multilinear motion approximation. The formula of PSF is extended to correspond to two-dimensional blur. PSF of the two-dimension blur define by calculating the sum of each PSF. Moreover, we also propose the estimation method of PSF parameters. Finally, we show an effect of the proposal method using actual images.
キーワード (和) 劣化画像復元 / 単一画像 / 二次元ブレ / 等速直線運動 / PSFパラメータの推定 / / /  
(英) Deteriorated Image Restoration / Single Image / Two-dimensional Blur / Linear Uniform Motion / Estimation of PSF Parameters / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 485, IE2008-262, pp. 53-58, 2009年3月.
資料番号 IE2008-262 
発行日 2009-03-09 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2008-262

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2009-03-16 - 2009-03-16 
開催地(和) テクノプラザ愛媛 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像符号化、システムおよび一般 
テーマ(英) Image/Video coding, Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2009-03-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数直線運動に近似したPSFパラメータ推定による手ブレ画像復元手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Motion Blurred Image Restoration by PSF Parameter Estimation Using Multilin-ear Motion Approximation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 劣化画像復元 / Deteriorated Image Restoration  
キーワード(2)(和/英) 単一画像 / Single Image  
キーワード(3)(和/英) 二次元ブレ / Two-dimensional Blur  
キーワード(4)(和/英) 等速直線運動 / Linear Uniform Motion  
キーワード(5)(和/英) PSFパラメータの推定 / Estimation of PSF Parameters  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹川 真吾 / Shingo Sasakawa / ササカワ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学大学院 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: Future Univ Hakodate.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 真志 / Masashi Toda / トダ マサシ
第2著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学大学院 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: Future Univ Hakodate.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-16 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2008-262 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2009-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会