電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-13 10:10
訓練データ適応型ダウンサンプリングによる脳波判別手法 ~ P300 Spellerタスクでの実証 ~
坂元佑弥青野雅樹豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 脳波を計測し,提示された刺激によってP300成分が引き起こされたか否かを判別する技術が,Brain Computer Interfaceなどを実現する上で重要である.この判別に機械学習を利用するのが有効だが,観測されるデータ点全てを用いて特徴ベクトルを構成すると,次元が大きくなってしまい,判別の精度や計算速度の観点から好ましくない.そのため,多くの研究ではダウンサンプリングを施し,次元が大きくなるのを防いでいる.本研究はP300判別精度の向上を目的とし,新たなダウンサンプリング手法を提案する.具体的には,1試行の脳波を非等間隔のセグメントにわけ,各セグメント内で平均化する.そのセグメントの分け方は,得られる特徴ベクトルが,2クラス間の分離具合が大きくなるように,訓練データを用いて決定する.その際,時系列セグメンテーションアルゴリズムを応用する.この手法をBCI Competition III P300 Speller paradigmのデータセットで検証したところ,従来のダウンサンプリング方法を用いた場合よりも高い精度で判別可能であり,その有効性が示せた. 
(英) To achieve Brain Computer Interface, recording Electroencephalogram (EEG) and classifying whether P300 is evoked by presented stimulus have become increasingly important. Using machine learning method for this classification is effective, but constructing feature vectors with all data points might result in very high dimensional data. Because such redundant features are undesirable from the viewpoint of computation and classification performance, EEG has been downsampled in several past research. In this paper, we propose a new downsampling method aiming at P300 classification accuracy improvement. In particular, each single trial EEG is segmented at non-equal interval and then is averaged in each segment. The segmentation is decided in such a way that the degree of separating two classes from training data is increased by applying a time series segmentation algorithm. Our experiment using BCI Competition III P300 Speller paradigm data set demonstrated that our method resulted in higher accuracy than traditional downsampling methods.
キーワード (和) Brain Computer Interface / P300 Speller / ダウンサンプリング / 時系列セグメンテーション / / / /  
(英) Brain Computer Interface / P300 Speller / downsampling / time series segmentation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 480, NC2008-165, pp. 365-370, 2009年3月.
資料番号 NC2008-165 
発行日 2009-03-04 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2009-03-11 - 2009-03-13 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2009-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 訓練データ適応型ダウンサンプリングによる脳波判別手法 
サブタイトル(和) P300 Spellerタスクでの実証 
タイトル(英) EEG classification method by adaptive downsampling with training data 
サブタイトル(英) Experiment with P300 Speller task 
キーワード(1)(和/英) Brain Computer Interface / Brain Computer Interface  
キーワード(2)(和/英) P300 Speller / P300 Speller  
キーワード(3)(和/英) ダウンサンプリング / downsampling  
キーワード(4)(和/英) 時系列セグメンテーション / time series segmentation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂元 佑弥 / Yuya Sakamoto / サカモト ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 雅樹 / Masaki Aono / アオノ マサキ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-13 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2008-165 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.365-370 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2009-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会