お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-13 15:20
クライアント自律操作エージェントのシナリオ編集方法の検討
西川健一横瀬史拓野末晴久名和長年増田 健山村哲哉NTTICM2008-84
抄録 (和) OSSによる業務を効率化するために,人手による定型的な端末操作を自動化するシステムの検討を行っている.端末を操作するユーザ自身が自動化の操作内容であるシナリオを編集できれば,通常は自動化の対象外となるような個別的な業務手順を自動化対象に含めることができる.そのため自動化による効率化・省力化範囲が大幅に広がると期待できる.しかし,従来の端末操作を自動実行するシステムで必要とされるシナリオの編集方法には,編集に柔軟性がない,プログラミング相当のスキルをユーザに要求するなど容易性に欠けている,といった問題があった.そこで,柔軟性と容易性を一定レベルで兼ね備えたグラフィカルなシナリオ編集方法を提案する.提案手法では,ユーザが普段扱っている操作対象システムのキャプチャ画像を編集に利用し,フローチャート図などに代表される制御フローの視覚的な表示方法を活用する.これらを利用することで,操作内容の理解促進及び編集における容易性と柔軟性の獲得をねらっている.本報告では,検討手法の詳細及びプロトタイプを用いた評価について述べる. 
(英) We have been studying a system which automates routine work to improve efficiency of doing tasks with OSS. If users could edit scenarios which stand for the content of user operation, the users would be able to include uncommon work procedures in the automation targets. Thus, the scope of the automation target would be made to extend. However, scenario editing methods for traditional automatic client manipulation systems have several problems, such as lack of flexibility in editing scenarios and lack of simplicity as they require users to program. We therefore propose a graphical scenario editing system which has both flexibility and simplicity. In our method, we use image capture of a target system which users usually use to edit scenarios. Moreover, we use graphical representation methods such as flow chart diagrams to represent control flows. Using these methods, we aim to help users understand and edit scenarios, and help users express complex control flows and conditional expressions. In this report, we describe the detail of our method and the basic evaluation result using a prototype.
キーワード (和) GUI / 自律操作 / OSS / / / / /  
(英) GUI / Autonomous Manipulation / OSS / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 481, ICM2008-84, pp. 149-154, 2009年3月.
資料番号 ICM2008-84 
発行日 2009-03-05 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2008-84

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2009-03-12 - 2009-03-13 
開催地(和) 奄美サンプラザホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) ICMワークショップ併催. 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2009-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クライアント自律操作エージェントのシナリオ編集方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Scenario Editing Method for Client Autonomous Manipulation Agent 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GUI / GUI  
キーワード(2)(和/英) 自律操作 / Autonomous Manipulation  
キーワード(3)(和/英) OSS / OSS  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 健一 / Kenichi Nishikawa / ニシカワ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横瀬 史拓 / Fumihiro Yokose / ヨコセ フミヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野末 晴久 / Haruhisa Nozue / ノズエ ハルヒサ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 名和 長年 / Nagatoshi Nawa / ナワ ナガトシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 健 / Takeshi Masuda / マスダ タケシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山村 哲哉 / Tetsuya Yamamura / ヤマムラ テツヤ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-13 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2008-84 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.481 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2009-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会