電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-13 10:05
GPUを用いた超並列電源シミュレータの一検討
菅野尚子西澤真一橋詰大毅福井正博立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) GPU(Graphics Processing Unit)はCPUの技術革新に比べるとはるかに速くムーアの法則以上である.このGPUを高負荷な科学技術計算の解決に応用しようという試みが各分野で模索されている.一方,半導体分野では微細化技術の進歩に伴い,熱解析や電磁界解析などを目的とした複雑かつ大規模な回路解析には膨大なシミュレーション時間を要し,シミュレーションの高速化が必須となった.我々は,電源配線におけるシミュレーションの高速化を目指し,GPUへの適用を試みた.グローバルメモリを利用した前進オイラー法のGPU実装方法と実験を通じて,回路シミュレーション分野における今後の展開の可能性について議論する. 
(英) The rapidity of technical innovation of GPU is much faster than CPU and above Moore’s law. Recently, there are some examples to solve huge calculation problems by using GPUs in various areas. Meanwhile, with the shrinking of transistors in VLSIs, we cannot neglect problems which are IR-drop, electro migration, and heat in the semiconductor area. Those problems need huge calculation time to solve too. We aim at high speed and high accuracy simulation by using GPU on power grid. We examine to make the environment of power grid simulation through the experimentation using FE method on GPU.
キーワード (和) GPGPU / 電源配線シミュレータ / 電源配線最適化 / / / / /  
(英) GPGPU / power grid simulator / power grid optimization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 478, VLD2008-158, pp. 189-194, 2009年3月.
資料番号 VLD2008-158 
発行日 2009-03-04 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2009-03-11 - 2009-03-13 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for a System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2009-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GPUを用いた超並列電源シミュレータの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study for Power Grid Simulator by using GPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPGPU / GPGPU  
キーワード(2)(和/英) 電源配線シミュレータ / power grid simulator  
キーワード(3)(和/英) 電源配線最適化 / power grid optimization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 尚子 / Hisako Sugano / スガノ ヒサコ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西澤 真一 / Shinichi Nishizawa / ニシザワ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋詰 大毅 / Taiki Hashizume / ハシズメ タイキ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 正博 / Masahiro Fukui / フクイ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-13 10:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2008-158 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.189-194 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2009-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会