お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-12 10:40
ホームネットワーク故障切り分け方式の検討
加藤洋一宮本 勝NTTICM2008-64
抄録 (和) 現在のホームネットワークにはPCやVOIP電話機だけでなくIPTVセットトップボックスやゲーム機なども接続されている。今後家電機器類のネットワーク化が進めばホームネットワークのさらなる複雑化は避けられない。本報告では、オンサイトホームネットワーク保守を効率化を図るためのネットワークの状態可視化ツールを検討する。 
(英) Contemporary home networks consist of not only broadband routers, PCs and VOIP equipment but game machines and IPTV set-top-boxes. The complexity of the network increases as other consumer electric devices are being added. This paper describes a home network visualization tool for efficient onsite trouble shooting.
キーワード (和) ホームネットワーク / オンサイト保守 / / / / / /  
(英) Home Network / Onsite Trouble Shooting / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 481, ICM2008-64, pp. 35-40, 2009年3月.
資料番号 ICM2008-64 
発行日 2009-03-05 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2008-64

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2009-03-12 - 2009-03-13 
開催地(和) 奄美サンプラザホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) ICMワークショップ併催. 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2009-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホームネットワーク故障切り分け方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Home Network Visualization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホームネットワーク / Home Network  
キーワード(2)(和/英) オンサイト保守 / Onsite Trouble Shooting  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 洋一 / Yoichi Kato / カトウヨ ウイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 勝 / Masaru Miyamoto / ミヤモト マサル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-12 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2008-64 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.481 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2009-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会