電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-12 15:40
連携処理を考慮したネットワークプロセッサへの処理割り当て手法
齊藤啓太戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年のネットワークの広帯域化・多機能化により,汎用プロセッサよりも高速・低消費電力であり,かつASICよりも柔軟性が高いネットワークプロセッサが注目されている.ネットワークプロセッサでは,処理を複数の部分処理に分割して処理エンジン同士で通信しながらパケットを処理していく連携処理が用いられることがあるが,この際には処理の分割や処理の処理エンジンへの割り当てが必要となる.ネットワークプロセッサに求められる柔軟性と高速性を損なわないためには処理割り当てに要する時間は短く,かつハードウェアの性能を限界まで引き出すことが求められる.本稿ではバックトラッキングを用いたネットワークプロセッサへの処理割り当て手法を提案する.提案手法では既存の負荷分散に着目した手法や処理エンジン間での通信コストに着目した手法を導入し,それらの手法で得られる解の周辺に探索範囲を限定することで,短時間での割り当てと解の精度の向上を目指す.提案手法を実装して計算機実験を行い,既存手法との比較によってよりスループットの高い解が得られることを示す. 
(英) To meet increasing demands of link speeds and complex network applications, network processor is required because it has higher speed than general-purpose processor and more flexibility than ASIC. Task Chaining is widely used technique that alllows a network application to be partitioned into multiple modules and be assigned to processor cores for pipeline processing; however, it requires mapping multiple tasks onto different processing elements. Not to lose its high speed and programmability, task mapping cannot take long time and must get great performance out of network processor. In this paper, we present a backtracking-based search approach to solve this problem. In order to conduct task mapping in a short time and improvement of the accuracy of the solution as well, we introduce the existing heauristics that were used for decreasing the communication cost and load-balancing, and then limit the range of the search around the solution obtained by those techniques. The experimental results showed that the proposal method could find the solution with higher throughput when compared with existing technique.
キーワード (和) ネットワークプロセッサ / 連携処理 / 処理割り当て / マルチスレッディング / / / /  
(英) Network Processor / Task Chaining / Task Mapping / Multithreading / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 478, VLD2008-151, pp. 147-152, 2009年3月.
資料番号 VLD2008-151 
発行日 2009-03-04 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2009-03-11 - 2009-03-13 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for a System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2009-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 連携処理を考慮したネットワークプロセッサへの処理割り当て手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Task Mapping Algorithm for Task Chaining Network Processor by Backtracking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークプロセッサ / Network Processor  
キーワード(2)(和/英) 連携処理 / Task Chaining  
キーワード(3)(和/英) 処理割り当て / Task Mapping  
キーワード(4)(和/英) マルチスレッディング / Multithreading  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 啓太 / Keita Saito / サイトウ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸川 望 / Nozomu Togawa / トガワ ノゾム
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳澤 政生 / Masao Yanagisawa / ヤナギサワ マサオ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大附 辰夫 / Tatsuo Ohtsuki / オオツキ タツオ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-12 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2008-151 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2009-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会