電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-12 14:50
リングセグメント型Globally Asynchronous Locally Synchronous Systemの構成法
近藤真史佐藤洋一郎岡山県立大)・田代和幸富士通テン)・横川智教早瀬道芳岡山県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 論理回路の大規模化,高速化に伴い,Globally Asynchronous Locally Synchronous (GALS)システムが注目されている.
GALSシステムのバスの構成法は,shared bus,segmented bus,ring bus等のアーキテクチャが提案されている.
本研究では,システムのスループットの向上を目的として,segmented busとring busを併用したリングセグメントバスアーキテクチャについて検討している.
従来のsegmented busにおいて各セグメントは直列に接続されていたが,両端のセグメントを接続して環状のバスを構築することで,双方向のバス経路を獲得することができる.
双方向のバス経路は,セグメント間の距離が最短となる経路が優先されて構築される.
また,セグメント間の非同期通信におけるメタステーブル動作,各コンポーネントのバースト転送処理についても考慮している.
本手法に従ってGALSシステムを設計し,シミュレーションを行うことにより所望の動作を確認している. 
(英) Recently, most digital systems are designed as GALS (Globally Asynchronous Locally Synchronous) systems.
Several architectures have been proposed as bus architectures for a GALS system : shared bus, segmented bus, ring bus, and so on.
In this study, we propose a ring segmented bus architecture which is a combination of segmented bus and ring bus architecture with the aim of throughput enhancement.
In a segmented bus architecture, segments are connected in series.
By connecting the segments at the end of the bus and constructing the ring bus, it becomes possible to allocate a channel of the bus bidirectionally.
The bus channel is allocated to the shortest path between segments.
We consider a metastable operation caused by asynchronous communication between segments and a burst transfer between segments.
According to the result of simulation, it is shown that the GALS system designed by the proposed method has the desired operations.
キーワード (和) GALSシステム / バスアーキテクチャ / segmeted bus / ring bus / / / /  
(英) GALS system / bus architecture / segmeted bus / ring bus / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 478, VLD2008-149, pp. 135-140, 2009年3月.
資料番号 VLD2008-149 
発行日 2009-03-04 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2009-03-11 - 2009-03-13 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for a System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2009-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リングセグメント型Globally Asynchronous Locally Synchronous Systemの構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A ring segmented bus architrcture for Globally Asynchronous Locally Synchronous System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GALSシステム / GALS system  
キーワード(2)(和/英) バスアーキテクチャ / bus architecture  
キーワード(3)(和/英) segmeted bus / segmeted bus  
キーワード(4)(和/英) ring bus / ring bus  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 真史 / Masafumi Kondo / コンドウ マサフミ
第1著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 洋一郎 / Yoichiro Sato / サトウ ヨウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田代 和幸 / Kazuyuki Tashiro / タシロ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 富士通テン (略称: 富士通テン)
FUJITSU TEN (略称: FUJITSU TEN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横川 智教 / Tomoyuki Yokogawa / ヨコガワ トモユキ
第4著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 早瀬 道芳 / Michiyoshi Hayase / ハヤセ ミチヨシ
第5著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-12 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2008-149 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2009-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会