電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-12 16:05
Odd-Even Turn Modelを対象としたNoCの負荷分散による遅延時間削減手法
脇田慎吾戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Network-on-Chip(NoC)ではノード間通信の品質維持のために送信元ノードから宛先ノードへパケットを転送する際の平均遅延時間を低く抑える必要がある.NoCで用いられる適応型ルーティングは,経路候補を選択するRouting Functionと,その候補の中からトラフィックの分布に対して通信遅延時間を最小にする候補を使用経路に決定するSelection Functionとで構成される.現時点で主流となっているRouting FunctionにOdd-Even Turn Modelがあるが,この手法は負荷の分布を考慮した経路選択を行わないため,負荷が集中しているチャネルの使用が避けられなくなる場合があり,その結果遅延が大きくなるという問題がある.そこで本稿では,Odd-Even Turn Modelを対象としたNoCの負荷分散による遅延時間削減手法を提案する.提案手法はOdd-Even Turn Modelの経路選択方法の特徴から予めトラフィックが集中すると予測される箇所を進入制限領域なる領域に定め,進入制限領域内のチャネルをパケット転送に用いる経路候補に含ませる頻度を低くすることで,トラフィックの分散とそれに伴う遅延時間の削減を可能とする. 
(英) It is necessary to suppress the average delay to low when the packet is forwarded from a source node to the destination node in Network-on-Chip (NoC) for the quality maintenance of the communication between nodes. Adaptive routing used in NoC is composed of routing function that selects route candidates and selection function that decides the candidate which minimizes the communication delay for the distribution of traffic to the used route. Currently, the odd-even turn model has been used as the most popular method for routing function. However, due to that odd-even turn model doesn't consider the load distribution when conducting route selection, the use of the channel on which the load has been concentrated might not be avoided and the delay might grow as a result. Thus, in this paper we propose an approach for both traffic decentralization and delay reduction. The proposed approach introduces a concept of restricted area, which contains the region concentrating traffic by the feature of the route selection method of odd-even turn model and limits the use of channels in the restricted area.
キーワード (和) 適応型ルーティング / routing function / odd-even turn model / 遅延削減 / / / /  
(英) adaptive routing / routing function / odd-even turn model / delay reduction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 478, VLD2008-152, pp. 153-158, 2009年3月.
資料番号 VLD2008-152 
発行日 2009-03-04 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2009-03-11 - 2009-03-13 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for a System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2009-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Odd-Even Turn Modelを対象としたNoCの負荷分散による遅延時間削減手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Delay Reduction Algorithm by Balancing Distribution of Traffic for Odd-Even Turn Model in NoCs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 適応型ルーティング / adaptive routing  
キーワード(2)(和/英) routing function / routing function  
キーワード(3)(和/英) odd-even turn model / odd-even turn model  
キーワード(4)(和/英) 遅延削減 / delay reduction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 脇田 慎吾 / Shingo Wakita / ワキタ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸川 望 / Nozomu Togawa / トガワ ノゾム
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳澤 政生 / Masao Yanagisawa / ヤナギサワ マサオ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大附 辰夫 / Tatsuo Ohtsuki / オオツキ タツオ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-12 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2008-152 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2009-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会