電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-11 10:20
聴覚障害者のためのパルスニューラルネットワークを用いた音源識別システム
内海嘉宏岩佐 要クグレ マウリシオ黒柳 奨岩田 彰名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々の研究室ではこれまでに人間の聴覚情報処理機構を模倣した聴覚情報処理システムをパルスニューロンモデルで実現し,これをハードウェア化した.この聴覚情報処理システムでは音源識別を行うことができるので,聴覚障害者や難聴者に対して,日常必要としている音について識別,通知する生活補助システムの実用化を目指し開発している. そこで, 本研究では聴覚障害者や難聴者にとって必要とされている音種を調査した.しかし従来のシステムでは入力に周波数パターンのみを用いているため,それらを識別することが困難であった.そこで周波数パターン以外の特徴量を追加することで音源識別を行う手法について提案する.また,計算機シミュレーション実験の結果,提案手法による音源識別手法の有効性が示され,生活補助システムへの応用 が期待できることが確認された. 
(英) The hardware implementation of a pulsed neuron based system has been
previously proposed. The system identifies sound sources in a similar way to
the human auditory system, with the aim of assisting hearing impaired
people. A survey among people with hearing loss was conducted in order to
identify important sounds to be recognized by the system. However, the previously proposed system cannot correctly identify these sounds, as it only uses spectral information. This paper proposes a new method which
additionally uses temporal information in the recognition process. The
experimental results confirm the superiority of the proposed approach when comparing to the previous model, confirming its potential for the
implementation of practical aiding systems for hearing impaired people.
キーワード (和) パルスニューロンモデル / 音源同定 / SOM / / / / /  
(英) pulsed neuron model / sound recognition / SOM / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 480, NC2008-104, pp. 7-12, 2009年3月.
資料番号 NC2008-104 
発行日 2009-03-04 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2009-03-11 - 2009-03-13 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2009-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 聴覚障害者のためのパルスニューラルネットワークを用いた音源識別システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sound recognition system for hearing impaired people based on pulsed neural networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パルスニューロンモデル / pulsed neuron model  
キーワード(2)(和/英) 音源同定 / sound recognition  
キーワード(3)(和/英) SOM / SOM  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 嘉宏 / Yoshihiro Utsumi / ウツミ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩佐 要 / Kaname Iwasa / イワサ カナメ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) クグレ マウリシオ / Mauricio Kugler / マウリシオ クグレ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒柳 奨 / Susumu Kuroyanagi / クロヤナギ ススム
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 彰 / Akira Iwata / イワタ アキラ
第5著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-11 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2008-104 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2009-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会