電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-11 15:15
不完全定義インデックス生成関数の変数最小化について
中村高明笹尾 勤松浦宗寛九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 不完全定義インデックス生成関数の入力変数を削減する方法を示す. もとの入力変数(原始変数)をEXORして得られる変数を多重化変数という. 不完全定義インデックス生成関数の場合, もとの変数と多重化変数を併用すると, 関数表現のために必要な変数を大幅に削減できる. 本論文では, 変数の選択のヒューリスティックな方法として, 情報利得法を提案する. 原始変数のみを用いる場合と, 多重化変数を用いる場合の実験結果を示し, 多重化変数を用いることにより, より多くの入力変数を削減可能なことを実験的に示す. 
(英) This paper shows a method to reduce the numbers of input variables to represent incompletely specified index generation functions. A compound variable is generated by EXORing a few original input variables. Incompletely specified index generation functions can be represented by a combination of original and compound variables. As a means to select variables, we propose a heuristic method using information gains. We represented randomly generated incompletely specified index generation functions using only original variables, and using both original and compound variables. Experimental results show that the use of compound variables is effective for reducing the number of input variables.
キーワード (和) 不完全定義関数 / インデックス生成関数 / 最小被覆 / 論理関数 / パターンマッチング / / /  
(英) Incompletely Specified Function / Index Generation Function / Minimum Covering / Logic Function / Pattern Matching / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 478, VLD2008-133, pp. 41-46, 2009年3月.
資料番号 VLD2008-133 
発行日 2009-03-04 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2009-03-11 - 2009-03-13 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for a System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2009-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不完全定義インデックス生成関数の変数最小化について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Minimization of Input Variables for Incompletely Specified Index Generation Functions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 不完全定義関数 / Incompletely Specified Function  
キーワード(2)(和/英) インデックス生成関数 / Index Generation Function  
キーワード(3)(和/英) 最小被覆 / Minimum Covering  
キーワード(4)(和/英) 論理関数 / Logic Function  
キーワード(5)(和/英) パターンマッチング / Pattern Matching  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 高明 / Takaaki Nakamura / ナカムラ タカアキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹尾 勤 / Tsutomu Sasao / ササオ ツトム
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 宗寛 / Munehiro Matsuura / マツウラ ムネヒロ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-11 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2008-133 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2009-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会