電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-11 14:50
冗長化アルゴリズムからの耐故障データパス自動合成
坪石 優金子峰雄北陸先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 集積回路の動作中に発生する故障に対して様々なアプローチの耐故障化技術が提案されている。本稿ではアルゴリズム三重化をスタート点として、高位合成の枠組みを用いて耐故障性が維持されるよう多数決回路導入、演算スケジュール、資源割当てを行なって耐故障データパス回路を合成する基礎概念の下での設計最適化について論じる。具体的には、多数決演算挿入位置が特定された下での耐故障性を維持した資源制約スケジュール・資源割当て問題に対して、整数線形計画法による厳密解法と、資源割当てを優先して行う発見的手法を提案する。 
(英) In this paper, we investigate the problem to synthesize a fault-tolerant datapath from a triplicated computation algorithm via high-level synthesis framework.
Major tasks of this datapath synthesis are scheduling and resource assignment, both of which are heavily constrained by the requirement of fault-tolerance.
We propose two methods to do them, one is a method using integer linear programming (ILP) framework, and the other is a heuristic method.
The experimental results show that our heuristic algorithm terminates quickly even for medium and large size problems, and outputs a comparable solution to the ILP-based method, or a reasonable solution which is sufficiently near the lower bound.
キーワード (和) 耐故障 / 冗長化アルゴリズム / 高位合成 / 整数線形計画法 / / / /  
(英) fault tolerance / redundancy / high-level synthesis / integer liner programming / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 478, VLD2008-132, pp. 35-40, 2009年3月.
資料番号 VLD2008-132 
発行日 2009-03-04 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2009-03-11 - 2009-03-13 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for a System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2009-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 冗長化アルゴリズムからの耐故障データパス自動合成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fault Tolerant Datapath Synthesis Starting with Triple Algorithm Redundancy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 耐故障 / fault tolerance  
キーワード(2)(和/英) 冗長化アルゴリズム / redundancy  
キーワード(3)(和/英) 高位合成 / high-level synthesis  
キーワード(4)(和/英) 整数線形計画法 / integer liner programming  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪石 優 / Yutaka Tsuboishi / ツボイシ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 峰雄 / Mineo Kaneko / カネコ ミネオ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-11 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2008-132 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2009-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会