電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-09 11:50
[奨励講演]uGridにおけるダイナミック光パスを用いた映像サービスパーツ選択
岡崎裕介須佐雄輝碓井亮太荒川 豊岡本 聡山中直明慶大PN2008-89
抄録 (和) IPv6への移行が間近となり,ユビキタス社会の実現が間近だとされている.ユビキタス社会ではあらゆるデバイスにIPアドレスが振られ,様々な機器がネットワークに接続することが想定されている.このような背景から,ユビキタスグリッドネットワーキング環境(uGrid)が提案されている.uGridでは,ネットワークに接続したデバイスをサービスパーツと定義し,サービスパーツ同士を組み合わせることによって新たなサービスを実現するネットワーキング環境である.現在の映像配信の代表的な存在としてテレビ放送が挙げられる.しかし,テレビ放送の根本的なシステム構成はテレビ局からのブロードキャストによる配信であり,ユーザはテレビ局側が用意した映像しか視聴することができず,一方向通信による制限がある.そこで,我々は,テレビ放送に替わる映像配信サービスとして,uGrid環境におけるユーザ主導による次世代の映像配信システムの提案を行っている.本稿では,uGridにおける映像配信がリアルタイムかつ安定した映像伝送を必要とすることから,GMPLSを用いた光パスを利用することによる映像サービスパーツ接続を行う映像配信ネットワークを提案する.さらには,提案ネットワークにおける光パスを利用したサービスパーツ間接続のエミュレーションとして,レイヤ2スイッチを用いたGMPLSによるVLANパス構築を行い,光パスによるサービスパーツ接続の可能性を示す. 
(英) With the advance of ubiquitous society, it is expected that everything will be connected to the network. Then, a ubiquitous grid networking environment (uGrid) has been proposed. In this environment, everything is defined as service parts and some service parts will be combined to provide new service for users. On the other hand, TV broadcast is one of the typical image distribution system that broadcasts contents to users. Thus, there are limitations by one-way system. In this paper, we propose next generation image distribution system in uGrid as a replacement of TV broadcast. In proposal, service parts are connected by lightpath which set up with GMPLS so that fixed bandwidth can be kept. As an emulation of proposal system, we implement the experimental environment which composed by Layer 2 switch and we demonstrate potential of service parts connection in proposal.
キーワード (和) ユビキタス / uGrid / ネットワーキング / 映像配信 / 光パス / GMPLS / /  
(英) ubiquitous / uGrid / networking / lightpath / GMPLS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 476, PN2008-89, pp. 29-34, 2009年3月.
資料番号 PN2008-89 
発行日 2009-03-02 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2008-89

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2009-03-09 - 2009-03-10 
開催地(和) 久部良(くぶら)多目的集会施設(与那国島) 
開催地(英) Yonaguni Island 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2009-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) uGridにおけるダイナミック光パスを用いた映像サービスパーツ選択 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Service Parts Connection based on Dynamic Lightpath Establishment in uGrid 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユビキタス / ubiquitous  
キーワード(2)(和/英) uGrid / uGrid  
キーワード(3)(和/英) ネットワーキング / networking  
キーワード(4)(和/英) 映像配信 / lightpath  
キーワード(5)(和/英) 光パス / GMPLS  
キーワード(6)(和/英) GMPLS /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 裕介 / Yusuke Okazaki / オカザキ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須佐 雄輝 / Yuki Susa / スサ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 碓井 亮太 / Ryota Usui / ウスイ リョウタ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 豊 / Yutaka Arakawa / アラカワ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-09 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2008-89 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.476 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2009-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会