電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-09 14:15
ミクロスコピック交通流シミュレータを用いた路車協調型運転支援システムの安全性能評価
高取祐介八嶋弘幸東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿ではミクロスコピック交通流シミュレータを用いて路車協調型安全運転支援システムの安全性能評価を行っている.衝突警報タイプの路車協調安全運転支援システムモデルを構築し,これをミクロスコピック交通流シミュレータに実装して,システム普及率に対する安全性能評価を行っている.自律型(車載センサベース)の衝突警報システム,車車協調型の衝突警報システムと比較した結果,路車協調型の衝突警報システムは他のシステムよりも安全性能が高いことを明らかにしている. 
(英) In this paper, safety performance evaluation of a VII(Vehicle Infrastructure Integration) driving assistance systems by a microscopic traffic simulator. A VII driving assistance system model (collision warning) is implemented to a microscopic traffic simulator. Then the safety performance is evaluated to a system penetration rate. The result is compared to a sensor-based system and an inter-vehicle communication-based system. Then we have been brought up that a VII driving assistance system is superior to other systems.
キーワード (和) ITS / 路車協調 / 運転支援 / 交通流シミュレータ / / / /  
(英) ITS / VII(Vehicle Infrastructure Integration) / Safety driving assistance / traffic simulator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 471, ITS2008-86, pp. 17-22, 2009年3月.
資料番号 ITS2008-86 
発行日 2009-03-02 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IEE-ITS  
開催期間 2009-03-09 - 2009-03-09 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto University 
テーマ(和) ITS情報処理, 一般 
テーマ(英) Information Processing Systems for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2009-03-ITS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミクロスコピック交通流シミュレータを用いた路車協調型運転支援システムの安全性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Safety Performance Evaluation of a VII by a Microscopic Traffic Simulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 路車協調 / VII(Vehicle Infrastructure Integration)  
キーワード(3)(和/英) 運転支援 / Safety driving assistance  
キーワード(4)(和/英) 交通流シミュレータ / traffic simulator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高取 祐介 / Yusuke Takatori / タカトリ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 八嶋 弘幸 / Hiroyuki Yashima / ヤシマ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-09 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2008-86 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2009-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会