電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-07 16:25
WBTによるプログラミング学習支援システムの開発
廣林雅史赤松 徹吉田博哉神戸情報大ET2008-131
抄録 (和) 近年,時間や場所の制約に制限される事なく,知識を修得できる学習環境として,WBT(Web Based Training)を利用した非同期型学習が注目されている.しかし,非同期型学習では,教員が学習者と対面で指導する機会が少なく学習意欲の低下を引き起こす可能性がある.特に,教員による指導支援を必要とするプログラミング教育では,学習過程を考慮した上で,即座に助言する事が重要である.そこで,本研究では,習熟度レベルで学習者をグループ化し,学習者が指導に携わるSA(Student Assistant)機能を有したプログラミング学習支援システムを開発する. 
(英) Recently, WBT(Web Based Training) is paid to attention as a learning environment not limited to the restriction of time and the place. However, the chance to guide the teacher in facing as the learner is few, and there is possibility of causing the decreased motivation for learning in WBT. Especially, advice that considers the learning process is important in the
programming education that needs the teacher the guidance support. In this research, the programming study support system that has SA(Student Assistant) function that learner is made group at proficiency level and learner is involved in guidance is developed.
キーワード (和) WBT / プログラミング教育 / 学習支援 / 習熟度レベル / Student Assistant / / /  
(英) WBT / Programming education / Learning support / Proficiency level / Student assistant / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 470, ET2008-131, pp. 223-226, 2009年3月.
資料番号 ET2008-131 
発行日 2009-02-28 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-131

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-03-07 - 2009-03-07 
開催地(和) 香川大 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタス・モバイル学習環境/一般
開催日が3月7日に再変更になりましたのでご注意ください 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WBTによるプログラミング学習支援システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Achievement on Programming Learning Support System by WBT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WBT / WBT  
キーワード(2)(和/英) プログラミング教育 / Programming education  
キーワード(3)(和/英) 学習支援 / Learning support  
キーワード(4)(和/英) 習熟度レベル / Proficiency level  
キーワード(5)(和/英) Student Assistant / Student assistant  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣林 雅史 / Masafumi Hirobayashi / ヒロバヤシ マサフミ
第1著者 所属(和/英) 神戸情報大学院大学 (略称: 神戸情報大)
Kobe Institute of Computing (略称: Kobe Inst. of Computing.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤松 徹 / Toru Akamatsu / アカマツ トオル
第2著者 所属(和/英) 神戸情報大学院大学 (略称: 神戸情報大)
Kobe Institute of Computing (略称: Kobe Inst. of Computing.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 博哉 / Hiroya Yoshida / ヨシダ ヒロヤ
第3著者 所属(和/英) 神戸情報大学院大学 (略称: 神戸情報大)
Kobe Institute of Computing (略称: Kobe Inst. of Computing.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-07 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-131 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.223-226 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2009-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会