電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-07 15:35
Moodle用数理演習モジュールを用いたWeb上での数理教育手法
三輪辰雄アルファネット)・小林英子小林亮太岡崎裕之信州大)・遠藤 登岐阜高専)・和崎克己師玉康成信州大ET2008-129
抄録 (和) 我々は,形式化数学の記述言語であるMizar 言語を利用し数理論的思考を涵養する為のWeb 用教材とし
て,Moodle 上で機能するプルーフチェックモジュールを開発し信州大学大学院のWeb 用学習教材の一部として試行
している.このモジュールは,教員ユーザが問題を作成し学習者がmizar 言語を用いて証明文を記述するものである
が,証明文を自由に記述するためにはmizar 言語を体得する必要があり初学者にとっては敷居が高いという問題点が
あった.そこで,我々はプルーフチェックモジュールにmizar 言語の入力補助機能および証明に用いられる用語解説を
ポップアップにて表示させる機能を付加することで,mizar 初学者がもつmizar 言語への抵抗感の軽減を試みた. 本
稿では,改良したモジュールを用いたサンプル課題(整数論)の作成および実装について報告する. 
(英) We have developed the training module working on Moodle in order to foster not only the mathematically
logical thinking but also the ability of Mizar language,which is running as a part of Shinshu University’s CAI
correction. In this module, teachers provides mizar article then students answer it with mizar language. But We
realize a problem that It is difficult for beginner to write down their answer until they get used to. So we improve
this proof checking module by adding popup key word refference mechanism and input support mechanism for the
sake of reducing thei repulse for mizar. this report shows how to use this module with making question in the theory
of numbers.
キーワード (和) e-learning / 遠隔教育 / Moodle / 形式化数学 / Mizar / プルーフチェッカ / 整数論 /  
(英) e-learning / distance learning / Moodle / formalized mathematics / Mizar / proof checker / the theory of numbers /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 470, ET2008-129, pp. 211-215, 2009年3月.
資料番号 ET2008-129 
発行日 2009-02-28 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-129

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-03-07 - 2009-03-07 
開催地(和) 香川大 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタス・モバイル学習環境/一般
開催日が3月7日に再変更になりましたのでご注意ください 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Moodle用数理演習モジュールを用いたWeb上での数理教育手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Method of Mathmatical Exercises on the web by using Assignment Module of Moodle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) e-learning / e-learning  
キーワード(2)(和/英) 遠隔教育 / distance learning  
キーワード(3)(和/英) Moodle / Moodle  
キーワード(4)(和/英) 形式化数学 / formalized mathematics  
キーワード(5)(和/英) Mizar / Mizar  
キーワード(6)(和/英) プルーフチェッカ / proof checker  
キーワード(7)(和/英) 整数論 / the theory of numbers  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三輪 辰雄 / Tatsuo Miwa / ミワ タツオ
第1著者 所属(和/英) アルファネット (略称: アルファネット)
alpha net corporation (略称: Anet Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 英子 / Hideko Kobayashi / コバヤシ ヒデコ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 亮太 / Ryota Kobayashi / コバヤシ リョウタ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 裕之 / Hiroyuki Okazaki / オカザキ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 登 / Noboru Endo / エンドウ ノボル
第5著者 所属(和/英) 岐阜工業高専専門学校 (略称: 岐阜高専)
Gifu National College of Technology (略称: Gifu National Coll. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 和崎 克己 / Katsumi Wasaki / ワサキ カツミ
第6著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 師玉 康成 / Yasunari Shidama / シダマ ヤスナリ
第7著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-07 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-129 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.211-215 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ET-2009-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会