電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-07 09:40
3次元CGアニメーションの提示速度の検討
安井孝児阪大)・○重田和弘高松高専ET2008-119
抄録 (和) 3次元コンピュータグラフィクスを用いたアニメーションを対象に,適切なアニメーションの提示速度を検討した.立方体を提示した場合について,見やすい物体の移動速度を調べた.また,太陽系シミュレータを用いて実験した結果,ユーザが適切と考える速度で惑星を運動させれば,運動が理解しやすいことを明らかにした. 
(英) The appropriate animation speed for presenting three-dimensional computer graphics on a three-dimensional display is examined. The animation speed which subject thinks the best is measured when a moving cube is presented on a 3D display changing cube size and motion direction. The relation between the animation speed and presentation conditions is investigated. In addition, the best animation speed to understand the motion of object is also examined by experiment using the solar system simulator. As a result, the animation speed that user thinks the most conspicuous is the best speed for understanding the animation with 3D computer graphics on 3D displays.
キーワード (和) 3次元コンピュータグラフィックス / 3次元ディスプレイ / アニメーション / アニメーション速度 / / / /  
(英) three-dimensional computer graphics / three-dimensional display / animation / animation speed / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 470, ET2008-119, pp. 151-156, 2009年3月.
資料番号 ET2008-119 
発行日 2009-02-28 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-119

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-03-07 - 2009-03-07 
開催地(和) 香川大 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタス・モバイル学習環境/一般
開催日が3月7日に再変更になりましたのでご注意ください 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元CGアニメーションの提示速度の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Sutdy of Three Dimensional CG Animation Speed 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元コンピュータグラフィックス / three-dimensional computer graphics  
キーワード(2)(和/英) 3次元ディスプレイ / three-dimensional display  
キーワード(3)(和/英) アニメーション / animation  
キーワード(4)(和/英) アニメーション速度 / animation speed  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安井 孝児 / Koji Yasui / ヤスイ コウジ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 重田 和弘 / Kazuhiro Shigeta / シゲタ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 高松工業高等専門学校 (略称: 高松高専)
Takamatsu National College of Technoligy (略称: Takamatsu NCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-07 09:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-119 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.151-156 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会