電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-07 14:35
動的な現象の理解を支援するアニメーション作成システム ~ ニーズ分析に基づくシステム設計 ~
藤澤修平林 敏浩香川大)・中山 迅宮崎大)・垂水浩幸香川大ET2008-102
抄録 (和) 我々は,理科授業において事物や事象を,動きを伴うモデルとして表現させることにより,生徒の理解を支援するアニメーション作成システム"Scherzo"を開発する.生徒は動的な現象を表現するため,Scherzoでアニメーションを作成する.生徒はアニメーションの作成過程で,動的な現象について,画面上を動く図形オブジェクトを確認しながら現象に対する理解を深めていく.本稿では,教育現場のニーズ分析に基づき, Scherzoの設計について報告する. 
(英) We develop an animation making system called "Scherzo" for students to understand about phenomenon in the science education by expressing dynamic models. To express the dynamic phenomenon, students can easily make animations by using scherzo. Through the animation making process, students think compared with the objects moving in the animation and understand the phenomenon. We explain the system design based on the needs analysis in this report.
キーワード (和) 描画法 / 理科教育 / 反復再生可能型描画システム / アニメーション作成 / Scherzo / / /  
(英) Drawings / Science education / Repeat-playable-drawing system / Animation making / Scherzo / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 470, ET2008-102, pp. 53-58, 2009年3月.
資料番号 ET2008-102 
発行日 2009-02-28 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-102

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-03-07 - 2009-03-07 
開催地(和) 香川大 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタス・モバイル学習環境/一般
開催日が3月7日に再変更になりましたのでご注意ください 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的な現象の理解を支援するアニメーション作成システム 
サブタイトル(和) ニーズ分析に基づくシステム設計 
タイトル(英) An animation making system for supporting understanding about dynamic phenomenon 
サブタイトル(英) System design based on the needs analysis 
キーワード(1)(和/英) 描画法 / Drawings  
キーワード(2)(和/英) 理科教育 / Science education  
キーワード(3)(和/英) 反復再生可能型描画システム / Repeat-playable-drawing system  
キーワード(4)(和/英) アニメーション作成 / Animation making  
キーワード(5)(和/英) Scherzo / Scherzo  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤澤 修平 / Syuhei Fujisawa / フジサワ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 敏浩 / Toshihiro Hayashi / ハヤシ トシヒロ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 迅 / Hayashi Nakayama / ナカヤマ ハヤシ
第3著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
Miyazaki University (略称: Miyazaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 垂水 浩幸 / Hiroyuki Tarumi / タルミ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-07 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-102 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会