お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-07 15:35
身体動作に連動する視点変更機能を用いた運動量と力積を題材とするゲーム型学習支援システム
近田明宏岩根典之松原行宏岡本 勝広島市大ET2008-124
抄録 (和) 近年,学生の理科離れが問題となっている.物理の学習は公式の操作や計算が多く,観察や実験といった体験が不足している.これを支援するためにVRを用いた実験環境を提供する.VRの特徴は三次元空間を観察することや現実では困難な実験環境を提供することである.これに自然な入力を支援するために身体動作による視点変更機能を取り入れたゲーム型の学習支援システムの開発を目指している.対象題材として高校物理の力と運動分野における衝突と跳ね返りを取り上げる.公式を覚え,式の操作をするような学習ではなく物理現象を直感的に理解できるゲーム型学習支援システムを用いた学習について述べる. 
(英) Recently it is a problem that students are losing interests in sciences. In the study of physics there are a lot of symbol manipulations and calculations, and it lacks in experience of observation or physical experiment. For supporting it, we provide experimental environment using the technology of virtual reality. By using the environment, it is able to observe or provide difficult experimental environment in real world. We are aiming to develop the game-based learning system using a view control by body movement for supporting natural input. We focus on bounce and collision in the field of impulse and moment of high school physics. We describe a game-based learning support system which make possible to understand physical phenomenon intuitively.
キーワード (和) 身体動作 / ゲーム / 学習支援 / 運動量 / 力積 / / /  
(英) Body Movement / Game / Learning Support System / Momentum / Impulse / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 470, ET2008-124, pp. 181-186, 2009年3月.
資料番号 ET2008-124 
発行日 2009-02-28 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-124

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-03-07 - 2009-03-07 
開催地(和) 香川大 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタス・モバイル学習環境/一般
開催日が3月7日に再変更になりましたのでご注意ください 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 身体動作に連動する視点変更機能を用いた運動量と力積を題材とするゲーム型学習支援システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Game-based Learning Support System for Study on Momentum and Impulse using View Control by Body Movement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 身体動作 / Body Movement  
キーワード(2)(和/英) ゲーム / Game  
キーワード(3)(和/英) 学習支援 / Learning Support System  
キーワード(4)(和/英) 運動量 / Momentum  
キーワード(5)(和/英) 力積 / Impulse  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近田 明宏 / Akihiro Chikata / チカタ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩根 典之 / Noriyuki Iwane / イワネ ノリユキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 行宏 / Yukihiro Matsubara / マツバラ ユキヒロ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 勝 / Masaru Okamoto / オカモト マサル
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-07 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-124 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.181-186 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会