電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-07 16:00
確率的推論を基礎とする学習成績マップを利用した対面教育適応化法
福島潤一郎藤原祥隆前田康成北見工大ET2008-117
抄録 (和) 学習者の満足度向上と教師の負担軽減を目的とする対面教育支援システムを研究している。ベイジアンネットワークで構成される「学習成績マップ」と次の授業をどのように進めるかを決定する「授業進行マップ」を利用して対面教育適応化法を設計し、実際にJavaプログラミング授業を利用して実験を行った。本稿では、対面教育適応化法の概要と実験データを利用して行った評価について述べる。 
(英) We are researching a face-to-face education Support System for raising the satisfaction of learners and reducing the workload on instructors. We used a “learning achievement map” which is composed of a Bayesian network and a “class management map” which decide how to advance the following class. Furthermore, we carried out an experiment of the adaptation method using our Java programming class. In this report, we report an outline of adaptation of face-to-face teaching and evaluation result obtained from the experiment.
キーワード (和) 対面教育 / ベイジアンネットワーク / / / / / /  
(英) Face-to-face Education / Bayesian Network / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 470, ET2008-117, pp. 139-143, 2009年3月.
資料番号 ET2008-117 
発行日 2009-02-28 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-117

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-03-07 - 2009-03-07 
開催地(和) 香川大 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタス・モバイル学習環境/一般
開催日が3月7日に再変更になりましたのでご注意ください 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率的推論を基礎とする学習成績マップを利用した対面教育適応化法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptation of Face-to-face Teaching Using Learner's Maps Based on The Probabilistic Reasoning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対面教育 / Face-to-face Education  
キーワード(2)(和/英) ベイジアンネットワーク / Bayesian Network  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 潤一郎 / Junichirou Fukushima / フクシマ ジュンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 祥隆 / Yoshitaka Fujiwara / フジワラ ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 康成 / Yasunari Maeda / マエダ ヤスナリ
第3著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-07 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-117 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.139-143 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ET-2009-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会