お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-07 16:25
ブレンディッド学習の行動に影響を及ぼす学習者特性の検討
中山 実東工大)・山本洋雄東工大/信州大)・Rowena Santiagoカリフォルニア州立大ET2008-118
抄録 (和) ブレンディッド学習における学習者特性と学習行動の関係を明らかにし,オン
ライン学習の運営方法を検討するために、3年間にわたり継続的に調査を行った。
学習者特性として4つの2次因子を含む6因子,学習経験の調査から3因子を抽出
した.これらの特性と学習行動との関連について,学部と大学院,調査年次を
要因とする多母集団パス分析を行った.
学部と大学院を比較した結果,教材評価の要因の影響に違いが見られた.
調査年次を要因として分析した結果,教材評価,学習方略,勤勉性などの要因
からのパス係数に違いがあることを示した.また,学部と大学院ごとにも同様
の分析を行い,調査年次にともなう変化を検討した.
これらの分析結果から,ブレンディッド学習による効果を検討した. 
(英) Bachelors and masters students who were enrolled in blended courses at a Japanese university were surveyed for three consecutive years in order to observe learners' behavior. In this paper, the quantitative differences in the causal relationship between learner characteristics and learning behavior across student levels (bachelor vs. masters) and the survey years were determined. For bachelor students, the impact of conscientiousness, e-learning evaluation and learning habits were significantly different across three years, and the impact of motivation, conscientiousness, e-learning evaluation were significantly different for masters students.
These results provide evidence that there are some key points regarding learner's characteristics that need to be considered, and which could help, in the design of effective blended learning environments.
キーワード (和) ブレンディッド学習 / 学習者特性 / 学習経験 / パス解析 / / / /  
(英) Blended Learning / Learner Characteristics / Learning Experience / Path analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 470, ET2008-118, pp. 145-150, 2009年3月.
資料番号 ET2008-118 
発行日 2009-02-28 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-118

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-03-07 - 2009-03-07 
開催地(和) 香川大 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタス・モバイル学習環境/一般
開催日が3月7日に再変更になりましたのでご注意ください 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブレンディッド学習の行動に影響を及ぼす学習者特性の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Learners' Characteristics affecting Learning Behavior in Blended Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブレンディッド学習 / Blended Learning  
キーワード(2)(和/英) 学習者特性 / Learner Characteristics  
キーワード(3)(和/英) 学習経験 / Learning Experience  
キーワード(4)(和/英) パス解析 / Path analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 実 / Minoru Nakayama / ナカヤマ ミノル
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 洋雄 / Hiroh Yamamoto / ヤマモト ヒロオ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学/信州大学 (略称: 東工大/信州大)
Tokyo Institute of Technology/Shinshu University (略称: Tokyo Inst. of Tech./Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Rowena Santiago / Rowena Santiago / ロウィーナ サンチャゴ
第3著者 所属(和/英) カリフォルニア州立大学 (略称: カリフォルニア州立大)
California state University (略称: California state Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-07 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-118 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会