電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-07 11:05
着色文字の輝度が語句探索時間に与える効果
成井智祐中山 実東工大ET2008-110
抄録 (和) 文書内から特定の単語文字列を探索する課題において,文字色が与える効果を実験で検討した.文字列の色を全て黒にした条件と,一部の文字列を着色した条件で実験を行い回答までの時間を比較した.その結果,探索対象を着色することによって,探索に要する反応時間が有意に短くなることを示した.また,探索対象の着色に青や灰色を用いた場合,着色文字の輝度による反応時間の有意な差が認められた.さらに色相や彩度の要因についても検討し,探索対象の語句の着色による反応時間の短縮には輝度の要因が最も寄与が大きいことを示した. 
(英) The effectiveness of colored word was examined using reaction time for searching a target word in the presented documents. When a target word was colored, the reaction time significantly decreased. When a target word was colored blue or gray, brightness of the color also significantly affected reaction time. Hue and saturation of color were also examined as factors, and it was shown that brightness of the color dominantly affects shortening reaction time by coloring the target word.
キーワード (和) 色彩効果 / 語句探索 / 画面表示 / 反応時間 / / / /  
(英) color effect / word search / display / reaction time / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 470, ET2008-110, pp. 99-104, 2009年3月.
資料番号 ET2008-110 
発行日 2009-02-28 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-110

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-03-07 - 2009-03-07 
開催地(和) 香川大 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタス・モバイル学習環境/一般
開催日が3月7日に再変更になりましたのでご注意ください 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 着色文字の輝度が語句探索時間に与える効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effect on word search time by luminance of colored letters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色彩効果 / color effect  
キーワード(2)(和/英) 語句探索 / word search  
キーワード(3)(和/英) 画面表示 / display  
キーワード(4)(和/英) 反応時間 / reaction time  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 成井 智祐 / Tomohiro Narui / ナルイ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 実 / Minoru Nakayama / ナカヤマ ミノル
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-07 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-110 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会