お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-06 08:50
内的セキュリティ問題に対する自動管理システムのための知識の定式化
森下壮一郎東大)・橋口博樹三島健稔埼玉大SITE2008-80 IA2008-103
抄録 (和) 内的セキュリティ問題とは,外部からの侵入などではなく内部の利用者によって引き起こされるセキュリティに関する問題を指す.特に計算機システムの管理者によるものは深刻な結果をもたらしかねない.我々は今までにこれに対処するための自動管理システムを提案している.自動管理システムは認識機構,判断機構,応答機構の三機構からなるものであるが,本論文ではこのうち判断機構の構築方法について詳細を述べ定式化を行う.そしてその検証のためにネットワーク機能の一部についての知識を構築し,それに基づく動作の実例を示す. 
(英) An internal security problem means the problem about security matters caused by users on the inside rather than outside intruders. In particular, the one caused by system administrators would bring grave consequences. We have proposed an automatic administration system to solve the problem. This system consists of recognition function, decision function and response function. In particular, this paper focuses on the decision function and formalizes it. Knowledge on computer network is established by administrator and the process of improvement is shown in order to indicate the validity of the formulation of the knowledge.
キーワード (和) 内的セキュリティ問題 / Fault Tree Analysis / 知識表現 / システム管理 / / / /  
(英) Internal Security Problem / Fault Tree Analysis / Knowledge Representation / System Administration / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 459, SITE2008-80, pp. 213-218, 2009年3月.
資料番号 SITE2008-80 
発行日 2009-02-26 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2008-80 IA2008-103

研究会情報
研究会 IA SITE  
開催期間 2009-03-05 - 2009-03-06 
開催地(和) 阿蘇山(熊本県) 
開催地(英)  
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 (IA, SITE, IPSJ-IOT共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2009-03-IA-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 内的セキュリティ問題に対する自動管理システムのための知識の定式化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Formalization of Knowledge for Automatic Administration System to the Internal Security Problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 内的セキュリティ問題 / Internal Security Problem  
キーワード(2)(和/英) Fault Tree Analysis / Fault Tree Analysis  
キーワード(3)(和/英) 知識表現 / Knowledge Representation  
キーワード(4)(和/英) システム管理 / System Administration  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森下 壮一郎 / Soichiro Morishita / モリシタ ソウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋口 博樹 / Hiroki Hashiguchi / ハシグチ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三島 健稔 / Taketoshi Mishima / ミシマ タケトシ
第3著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-06 08:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-SITE2008-80,IEICE-IA2008-103 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.459(SITE), no.460(IA) 
ページ範囲 pp.213-218 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2009-02-26,IEICE-IA-2009-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会